読後感

会社の電気はいちいち消すな【坂口孝則】

 会社の電気はいちいち消すなと言うタイトルだが、内容は反対で、徹底した節約の本。つまり総じて「電気はいちいち消せ」と言うもの。
 ただ単に「いちいち消せ」と言われてもうまく実行されないので、どういう風にそう持っていくか?(社員が自ら進んでそうするか?)と言う点に触れている。
 読み応え(?)があるのは節約100連発。いろいろと思いつくものだ。(例:スカイプを使え、メールはg-mail、買い物はオークションなどなど)

 なお、メールはg-mailとかスカイプをつかえと言うのは至極まっとうに聞こえるけれど、やはり保守管理から言ったら、ある程度の規模の会社なら私はお勧めはできないと思う。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。