マジック

北新地奇術倶楽部第2回発表会 無事(!?)終了

北新地奇術倶楽部 第2回発表会でした。

 まずは、我々の様な素人の発表会に足をお運びいただいたみなさんに感謝したい。

 発表会は、結婚披露宴やパーティなどができるイタリア料理店にて開催。

 昨年に引き続き、「定例会が大失敗する夢」を見て目覚めたくらい緊張の朝。
 (肝っ玉の小ささが現れています)
 ちゃんとできるかな?
 粗相はないかな?
 みんな楽しんでもらえるかな?
 「素人だから」と言う言い訳は絶対にしたくない。

 などなど、とても不安に押しつぶされそうになりながら準備をしていると、突然の嬉しい訪問があった。
 真田さんが陣中見舞いに来くれたのだ。
 お土産にいただいたシュークリームをみんなで取り囲み、「世界の真田のシュークリームかぁ。」とシュークリームを取り囲んでシュークリームの写真を一所懸命にみんなで撮る姿はちょっと滑稽だった(笑)

 そして、肝心のマジックショーは、食事の合間を縫ってクロースアップ3クール、食後の最後にステージ4名。

 第1クールの最初に、名前を読み上げ一人ずつ順次テーブルに配置。
 テーブルに颯爽と向かう仲間の背中はとても頼もしく見えた。

 みんなの紹介を終え、みんなを送り出した後、最後に自分がまわるテーブルへ。
 自らの演技と、それぞれのテーブルで次々に起こるどよめきと驚きの歓声、そして笑顔と笑い声に会場が満ちてきた。
 この瞬間に発表会の成功を確信できた。

 途中、仕事で参加できなかった会員も陣中見舞いへ来てくれた。
 こういう小粋なところを持ったメンバーが揃う北新地奇術倶楽部が好きだ。

 そして順当にクロースアップマジック(テーブルマジック)もこなし、ラストはステージマジック。
 私は、一番手のオープニングアクト。
 バニシングケーンからノベシルク出し。
 いつも以上に緊張で演技が若干早くなってしまっていた。

 しうかし、他のみなさんが、いつも以上に切れのある演技をこなし、ステージも無事最良の形で終了。

---------
 もちろん、反省点は山の様にある。
 大成功とは言えない。
 が、それを承知で「楽しんで頂けた発表会」にできたとも思う。

 もちろん、二次会の居酒屋、三次会のバー(カードシャーク)でも反省会は続いた。
 反省点は反省点として次に活かし、これからも楽しく手品をして、来期はもっともっと素晴らしいものにしていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。