マジック

加工硬貨(ギミックコイン)について

 日本の加工硬貨(ギミックコイン)について思うこと。
 まず、2014年現在、日本において硬貨を削ったり、傷つけたりすることは違法です。
 そして、単純保持(持っていること)は違法でないです。つまりギミックコインを作った人は法により処罰されますが、それを購入して持っていても罰則はありません。なので、使っている人は法に抵触していません。
 以上を前置きした上で結論を申しますと、「所持することが違法でなくても、違法な過程を経てできた加工硬貨を使うことは、私の美徳からすると許せることではありません。」
 なので、使用している人を見たら「あぁ、やっぱりマジシャンなんて所詮その程度の職業だよな。」って思うだけです。


 <本題>
 比較的モラルの低い業界ですので、業界の標準としては残念ながら、「持っていることは違法ではないからいいじゃない。」と言う考え方が主流だと感じます(TVに出演しているプロですら使っていますし)。
 その考えが主流だと言う証拠に、実際に硬貨を加工して逮捕者がでた時に、加工硬貨について報道したマスコミ(メディア)を相手に、多くのプロ・アマを問わないマジシャンたちが連名で、裁判所に訴えを起こしました。
 放送内容は、穴を開けた硬貨(タバコが通るようになっており、パっと見で分からなくするために、表面からは蓋が閉まります)や、3つ折りに出来る硬貨(口の細い瓶を通せます)などの加工の手口のです。加工の手口=犯罪行為の核心部分なので放送するのは当然です。
 その時に、一部のモラルのないマジシャンたちはあろうことかTV局を相手に「お金をだして買ったマジック道具のタネが世間にばれて損失を被った。」として、裁判所に訴えを起こしました。
 裁判の結論は「棄却」。つまり、「その訴えは裁判要件として全くお門違いである。」と言う判断でした。まぁ、普通に考えたら火を見るより明らかな結論で、マジシャン以外はこの結末を予測できていましたが・・・。
 結果として、マジシャンたちが騒ぐことでより世間にそれらのタネを知らしめただけでしたし、多くのマジックをしない人たちは興味がないので、どうでもよかったことです。
 当然ですが、悪いのは法律を破った人(マジシャン)なので、あえて言うなら、その訴えを起こすなら、相手はメディアではなく、硬貨を加工して逮捕された連中です。もちろん、その場合でも棄却だったでしょうが・・・。
 その時いろいろと(プロとして生業にしている人ですら)くだらない言い訳をしていました。
 ・誰にも迷惑をかけていないからいいだろ?
 法律とはそういうものではありません。本当にそう思うのなら、まずは法律を変更する運動をすべきでしたね。
・昔に出来た法律で今は意味がない。
 法律とはそういうものではありません。本当にそう思うのなら、まずは法律を変更する運動をすべきでしたね。
 これについては、確かにできた当時とは情勢が変わり、今はほとんど意味のない法律です。ですが、逆にマジシャン以外はそのまま存在し続けても困らない法律なので、現代まで放置されている経緯があります。
・海外に日本の硬貨を持ち出して加工すればいいんだろ!
 これを実行して結局逮捕されていた人がいましたので、駄目です。
 それ以前に、どうしてマジシャンと言う人たちは法を守ろうと言う意識が働かないのでしょうか?
・単純所持は大丈夫
 その通り!
 ですが、違法な工程を経てできた物を所持することに対する違和感がないことに、侮蔑の念を禁じえません。
 今でも日本の加工硬貨を使っている人は多いですが、一部の真面目なマジシャンからすると、同類だと思われるのが嫌なので、早く業界自体が自浄作用でそういう考えが間違いだと気が付いて欲しいものです。



参考:
セロも使っている違法硬貨(違法コイン)
 マリックもガラス瓶に貫通する500円硬貨で、磁石入りの500円硬貨を使っていますが。
とあるアマチュアマジシャンとのTWITTERでのやりとり

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。