マジック

ビルチェンジについて

 手品の王道の一つでもある「千円札」が「壱万円札」に変わるマジック。
 お金に関するマジック は、大人の受けがよろしく、バーなどで良くみる。

 多くの演者は、お客様から千円札を借りている。

 「お客様から借りたものの方が不思議さが増す。」と言う理由から本マジックに限らず借りた物で現象を起こすのが好きな方(マジシャン)が多いが、この点に関して、私は疑問を持っている。この話題はまた別の機会に。

 この手品は、お借りした千円札を一万円札に変化させる。その過程において口上はそれぞれ違うにせよ、結果としては壱万円札を再び千円札に戻してからお客様にお返しする。

 もちろん、実際問題として、そのまま一万円札を返却することはほぼ不可能です(マジシャン自身が9,000円の赤字を覚悟するか、それに変わる何かがあれば別だが)。

 千円札が壱万円札に変わったところが盛り上がりのピークであり、千円札に戻すと言う手順は惰性・蛇足となりがち。さりとて壱万円札を返却できないとなると、やはり千円札に戻すわけだが、戻ったときの残念な空気と、尻つぼみ感が拭えない。

 なので、壱万円札のまま返却できないのであれば、なまじお札を借りない方がいい。とも思っている。

 が、数多くの方が演じられている事を勘案すれば私の考えが異端なんだと思うし、千円札に戻しても盛り上げられる腕がないからだと言われたらそれまでである。ただ、千円札に戻っても盛り上がりを見せている・・・なんて演技を見たことない。

 個人的には借りず、自分の千円札を(改めも特に必要ないと思うけれど)改めてもらってから一万円札に変わったところでこのマジックをやめるようにしている。口上としては「マジシャンがお金に困らない」などの話しをしながら。

 1万円札をお借りして、「ではこの一万円札を2枚に増やします。」として五千円札で2枚にしても良いかな?っと思うが、実践したことないので、機会があればそのパターンも演技してみたいと思う。

 ただ、なんにしてもお金(お札)のマジックは(下衆かもしれないけれど)夢があって盛り上がるのでレパートリーからははずせないので悩みも尽きない。

‘180308 一部改変
‘111002

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。