マジック

メンタリストが心理学を使う!?

Facebookに表示された広告の文言より。

メンタリストDaiGo(*1)監修「with」
心理学を使った恋愛・婚活マッチングアプリ


 よもや騙される人も少ないと思いますが、突っ込んでおきます。

 メンタリスト・メンタリズムと言う言葉は心理学の用語でもなければ、一般用語でもなく、ただ単に「それっぽさ」を出すための造語です。辞書を調べると、mentalistで唯神論人、mentalismで唯心論、心理主義と言う意味がでてきますが、メンタリストが意図する狙いはそれでは無いと思います。

 mental(心の、精神の、頭の中の)と言う単語と、-ism(主義、気質、特性)を合わせた造語だと言うことは容易に想像はつきますし、そのこと自体はなんら問題もないと思います。

 そして、彼(DaiGo)のメンタリズムと言われるの演技もまた、手品を心理学っぽく見せ、さも心を読んだかのように見せる演出です。

 手品において、タネがあろうと仕掛けがあろうと、映像トリックであろうと、そういう(心を読んだかの様な)演出をすることは問題ないですし、手品なんて大抵はそんなものです。ただし、それは演出の範囲においてです。

 手品ファンとしては、この手の広告の様に、手品であることを隠し偽って詐欺的に使われることに違和感を覚えます。

 それと同時に、手品師[マジシャン]がこう言う形で手品を切り売りしないと生きていけない手品業界に対しては、情けなさと憐れみの感情を抱いてしまいます。

 ただ、手品師がメンタリストと名乗って、それっぽいことをすることは、特に法に触れるわけでもなさそうですし、彼自身もそれなりに稼いでいる模様なので、手品を切り売りするこういうやり方も正解なのだとは思う。

 商売としてここまで一つのカテゴリーを築き上げたところも彼の凄いところだとは思います。商売人・芸人(?)としては才覚を持たれた方なんでしょうね。

 また、霊能力者と名乗るような輩が「悪霊が云々」と言って、人の恐怖心・不安感を煽って商売をしたり、クソ坊主が訳のわからないお経を唱えて何十万も巻き上げるのに比べると、確かに遥かにまともです。

 ただ、個人的な感覚で言うと、手品(マジック)を超能力的に偽ったり、心理学的に偽ったりすることは嫌いです。この手の騙しの手法は好きにはなれない。もっとも「別にお前に好きになって欲しいわけではないわ。」と言われそうですが。

話は別の方向に翻って。
 このアプリあるいは広告のイメージとしては、心理的に相手を操って恋愛成就や結婚(婚活)に繋げたいと言う趣旨だと思う。
 そのようなものに頼り自分は安全・楽な場所にいながら、女性を操ってモノ(手篭め)にしようと言う考えが男としてダメだと思う。もっと自分を磨いた方が遥かに近道だと思う。
 一時的に取り繕ってもメッキなんて剥がれるし、実際には心を読んだり操ったりはできないんだから。(*2)


(1)今はめっきり見なくなりましたが、一昔前に流行ったマジシャンの一人です。個人的な一番の謎は「メンタリズム」「心を操ります。」などと言いながら、ちょいちょいスプーンやフォークを曲げていたことです。それって・・・。
(
2)手品において、一時的にある程度誘導すると言うこともあります。ただ、操ると言うレベルではなく、あくまでも誘導する程度レベルです。


ちょっと調べていたら、むちゃくちゃメンタリズム・メンタリストをバカにしたマジシャンの動画が見つかったので参考まで。>こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。