マジック

テンヨーのスポンジボールの代替品はあるか?

 薄汚れたスポンジボールを使い続けているマジシャンも存在する。特にマジックバーなどの飲食店において、人(客)に握らせる無神経さ・無頓着さには驚かされるばかり。

 名乗れば誰でもプロになれる世界なので、そういう「マジックの現象にしか興味がない」マジシャンは多々存在する。

 私自身は、スポンジボールは定期的に洗濯するし、傷んできたら捨てる様にしている。つまり、消耗品である。傷んできてなくても、インパクトの強い現象(手の中でスポンジボールが増殖する)なので、小さな子供とか返してくれない時がある。安いものなので、そのままあげることも多々ある。そのため、スポンジボールの消費量は多く買いだめをしていた。

 ここ数年は準備をしてまでマジックをすることも多くなく、スポンジボールは買いだめでした分で事足りていたのだが、徐々に数が減ってきたので、久々にスポンジボールを買いに行ったら衝撃の事実が・・・。(以下、本題)

 なんと、ボールだけの単品はなく、無用不要なガマ口(がまくち)との抱き合わせ販売セット販売しかないとのこと。

 お値段1,800円(税別)←税込で考えたら、ボール1個がおよそ500円!

 値段の高い低いの問題もあるけれど、消耗品の部分だけが買えないってどういうことか。ホッチキスの本体と一緒じゃないと買えない、あるいはシャープペンシルの芯が売ってない!のと同じくらいの衝撃がある。

 年末忘年会で隠し芸で披露する必要がでてきたような方ならいざ知らず、普通(?)の手品ファンだったら、上記の様にスポンジボールは買い換える・買い足すことが多々あるでしょ? 買い直さないのは最初に登場した様なバーマジシャンくらいなんだけれどね。

 普通のおもちゃメーカーが発売しているのなら理解できる。だが、社名にテンヨー(天洋)を冠する、手品界(マジック界)での超老舗・超大御所の(株)テンヨーが、単品スポンジボールを扱ってないってちょっと信じられない。と言うか、悲しさすら感じる。

 様々な娯楽が溢れる時代、効率を優先した経営面などの大人の事情と言うものもあるのかもしれない。でも、得も言われぬ違和感が。

 他のメーカーで、使いやすいのがあるといいのがあるといいんだけれど・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。