• 日常・日記

    瓢箪屋本店(中区)

    二日連続の味噌煮込みうどん。まぁ全くもって問題ないけど。
    味噌煮込みうどん(親子 )850円。

    麺は細めで、味噌煮込みうどんにしては硬過ぎない。
    味噌もからすぎず、ひょっとすると生まれも育ちも名古屋人には物足りないかもしれないけど、外様にはちょうど良い。
    具も多めでボリュームがある。

    20131204-131709.jpg

  • 日常・日記

    歩々亭 若鯱屋分家(小牧市)

    正統にして本流の本家若鯱屋の流れをくむ歩々亭でカレーうどんじゃなくて味噌煮込みうどんを食う。
    当然だけど、先客も後から来た客も注文はカレーうどんばかり。
    四面楚歌ならぬ、四面咖喱香。

    味噌煮込みうどん(卵) 750円+中盛150円。大盛り200円でも食べられたかも。

    20131203-123927.jpg

  • 日常・日記

    山本屋本店(守山区)

    味噌煮込みうどん(かしわ) 1,575円)。
    麺の硬さは「普通」で注文。硬いけど、確かに味噌煮込みうどんとしては普通。味噌も普通の辛さ。
    初めて山本屋本店(エスカ店)で味噌煮込みうどんを食べた時は、クソ硬い麺にクソ辛い味噌と思ったけれど、愛知県下で色々と味噌煮込みうどんを食べるようになって、山本屋本店の味噌煮込みうどんを普通に感じるようになった自分が誇らしいわ。

    以下、地元っぽい人を観察した覚書。

    • かしわ入りの注文が比較的多く、その次はノーマル味噌煮込みうどんって感じ。
    • 最初に漬物が出てくるので、遠慮なく味噌煮込みうどんが配膳されてくるまで食べてよし。テーブルにあるお醤油をかけるのがふつう。中には、一味や七味をかけている人も。
    • 漬物のお代わりをしよう。味噌煮込みうどんが運ばれてくる頃には漬物の残量も心もとなくなっているはず。無くなったら遠慮なくお代わりをしよう。
    • 鍋のフタを取り皿にする。これは店員さんから説明があるが、それを手に持って、茶碗のごとく扱うのが通っぽい模様。決して、フタを皿のようにテーブルに置いたまま扱わない。
    • 飲み干せるなら、汁も飲み干すべし。ただし、後ですごく喉が渇くのでオススメはしない。また、ラーメン屋じゃないんだから、完食した鍋(お椀)をひっくり返して置くような事は絶対にしないこと。

    20131126-203510.jpg

    20131126-203540.jpg

  • 日常・日記

    善之屋(常滑市)

    味噌煮込みうどん700円、かしわ+100円。
    麺は味噌煮込みうどん的に程よいの硬さ。細めの麺が味噌と絡みこれまた良い。
    量は若干少な目(?)なのか、他の客さんは数名小ライス(150円)を頼んでいた。私はちょうど良いくらいの量だが、確かに食べていると、間にご飯を挟みたくなる旨味ある味噌である。
    定番に入れたい店。

    20131106-132022.jpg

  • 日常・日記

    よし田(春日井)

    味噌、薄口。うどん、柔め。具は普通。ボリュームあり。700円。
    個人的には好みではなかったけれど、まずいわけではなくいたって普通。
    うどんそのものの味もどちらかというといい方だと思うけれど、如何せん、味噌煮込みうどんと相性が悪い。
    次回訪店したら、普通のうどんを注文してみよう。

    あと、ランチタイムの喫煙可は現代社会では減点かなぁ。

    20131105-123905.jpg

  • 日常・日記

    麺処 初海屋

    今朝、会社の人と味噌煮込みうどんの話しをしていたら、やはり食べたくなったのでナビで検索してやって来た。先週も別の店で食べたばかりだけれど。
    しかし、iPadのナビもいろいろと便利だ。

    かき揚げ、ライス、漬物が付いて850円はお得感があるが、かき揚げに海老が入っているらしく、アレルギーな私は断念して、ライスと漬物のみのセット。

    20131002-131602.jpg