漢方関係

020.桂枝加附子湯の証

20、太阳病,发汗,遂漏不止,其人恶风,小便难,四肢微急,难以屈伸者,桂枝加附子汤主之。

太阳病,发汗太过,导致汗出淋漓不止、病人怕冷、小便短小、四肢微感拘急疼痛、屈伸困难,如果头痛、发热等表证仍然存在的,用桂枝加附子汤主治。


太陽病で、汗がで過ぎて、ダラダラと汗が止まらない状態で、寒気がして、おしっこがあまりでず、四肢が軽く痛み強ばり、屈伸がしづらく、頭痛や、発熱などの表証が依然のとしてあるのは、桂枝加附子湯を用いて治療する。


漏:汗出淋漓不止。
淋漓línlíぽたぽたと滴るようす.
导致dǎozhì引き起こす.招く.
仍然réngrán相変わらず.元どおりに.


桂枝加附子汤方
桂枝三两,去皮,芍药三两,甘草三两,炙,生姜三两,切,大枣十二枚,擘,附子一枚,炮,去皮,破八片,上六味,以水七升,煮取三升,去滓,温服一升。本云,桂枝汤今加附子。将息如前法。


桂枝三两,去皮,芍药三两,甘草三两,炙,生姜三两,切片,大枣十二枚,剖开,附子一枚,炮制,去皮破成八片,以上六味药,加水七升,煎煮成三升,去掉药渣,每次温服一升。旧本说:现用桂枝汤加入附子,其调养护理的方法同前。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。