日常・日記

新MacBookAirが来た。8コアCPU、8コアGPU、16コア Apple M1チップ

 久々のMacの買い替え。気がついたことなどのメモ。特に今回はUSキーボードにしてみたので、その辺りも使い込んでいきながら、順次更新していきたい。(20201223)

スペックなど

既存 MacBook Air

MacBook Air6,1(11-inch,mid 2013)
・1.3GHz デュアルコアIntel Core ī5/4GB 1600 MHz DDR3
・Inter HD Graphics 5000 1536MB

New MacBook Air

13インチMacBook Air – シルバー
• 8コアCPU、8コアGPU、16コアNeural Engineを搭載したApple M1チップ
• 16GBユニファイドメモリ
• 1TB SSDストレージ

メモリ容量

 メモリ容量については、先行して購入した方々のWeb SiteやYouTubeなど見てみると、ほぼ100%に近い方々が「8Gbyteで十分事足りる」との結論を導き出している。例外として、比較的長めの4K動画を編集するのであれば16Mbyteあった方が良く、通常の動画編集程度であれば16Mbyteは不要あるいはこれに類するコメント・評価が大多数であった。

 それらの事前調査の結果を確認しながらもメモリ16Mbyte買った理由は以下の通り。

 レビューワーや本職の方々であるなら買い替えも必要経費の範疇だとは思う。しかし、私の場合、これまで使っていたMacbook が(嫁のおさがりで)7年ほど前の機種である。写真編集とBlog更新、メール送受信程度では、そうそう買い換える必要がない。

 そうなると、後から「やっぱり16Gbyteにしておけばよかった。」と後悔する可能性もある。「2万円の差」は全体価格からすれば12%程度の差でしかなく、長く使いためにも買うべきであると判断した次第。無いよりあった方が良いに決まっているし。

移行作業

 外付けHDDにTime Machineで既存機種のバックアップを取りそこから復旧。

 特に何も難しいことはなく、ほぼほぼ同じ状態と言っても過言では無いレベルで移行が完了。

 (自宅など)同じWi-Fi環境にあるなら、バックアップなどを利用せず、直で移行もできる様だ。

キーボード配列

capslockキーの動作変更

 キーボードに表示された「ひらがな」がどうしても気に入らず、「USキーボード」で注文をした。ローマ字入力者がほとんどの現代において、キーボードに表示された「ひらがな」は、歴史上の遺物と言っても過言では無い。

 日本語キーボード配列でも「ひらがな表示がない」と言う選択肢もあっていいと思う。むしろ、ひらがな打ちと、ローマ字打ちの人口比を考えると、キーボードにひらがなを表記する場合のみ別注としてもいいくらいだと思う。

 さて本題。配列の若干の違いは、「慣れ」だと思う。しかし、日本語キーボードでスペースキーの横に備わっていた「英数」「かな」の切り替えボタンが無いのがかなり痛い。位置の違いや、若干の挙動の違いは慣れれば対応できると思うが、無いものには慣れようが無い。

 購入早々、早くも少し後悔。それでもキーボードにひらがながない美しさを鑑みると、十分に我慢できるが。

 通常は、USキーボードの左下にある「fn」(地球儀キー)キーで日本語と英字を切り替えられる。なので、この問題は多くの人には大きな問題ではないと思われる。

 しかし、簡体字や繁体字も入力したいあるいは、その他の言語の入力ソースを利用する利用者にとって、地球儀キーを複数回押して言語キーを切り替えるのは結構面倒。(そして、なぜか現在地球儀キーが動作しない。いずれにせよ使わないので、他のキーを割り当てた(後述)。)

 キーボードの設定を見たら、caps lockの動作を「英字」入力に変更することができるようだ。

 もちろん、「英字」と「かな」のキーが独立していた方がいいけれど、無いよりもあった方が格段に便利になった。

 他にも、「control+shift+j」で日本語、「control+shift+;」で英字に切り替える方法もある。ただし、このショートカットによる日本語←→英数切り替えは、入力モードがその他の言語(例えば、拼音簡体字)では動作しない。 

 あとは、「(oppition+)command+スペース」で入力ソース(入力言語)の切り替えもできる。oppitionキーは押さなくても大丈夫。若干、その挙動が違う。どちらがいいかは、好みの問題だと思う。ただ、この方法はいずれにせよ、複数の入力ソースがあると、何度かスペースキーを押すことで切り替えるので、素早い切り替えには向いていない。

修飾キーの割り当て

 「地球儀マーク」「control」「opition」「Command」はそれぞれ他の機能を割り当てられるようだ。

  欲を言えば、commandキーとoptionキーは左右に2つあるので、それぞれに設定ができるとよかった。

 地球儀マークは殺して見た。 この辺りは、今から色々と試して使い心地を試したいところ。

(20210102追記)

 最終的には、入力ソースメニューにて、「caps lockキーで英字入力モードに切り替える」をオンにし、修飾キーの割り当てで、「地球儀キーをcaps lockキー」として機能させ、「caps lockキーをControlキー」とした。

 こうすることで、ひらがな入力中でも、Controlキーが押しやすくなり、Controlキー+「J,k,l,;」キーのそれぞれで、ひらがな、かたなか、半角英字、全角英字への変換が容易になる。

指紋認証「Touch ID」が便利

 キーボードの右上に備え付けられた、指紋認証。これが便利。これまでもオートコンプリート機能はあった。けれど、いずれにせよ数回のクリックが必要であった。

 しかしながら「Touch ID」を使えばほぼストレスフリー。iPhoneやiPadに指紋認証が搭載され始めた初期の頃は、指紋の認証に時間がかかったり、指紋認証そのものがよく失敗していたので、むしろストレスだった。しかし、このMacbook Airでは、指をおいた瞬間に認識に成功する。かなりいい。

そのほか、設定など

Dock(ドック)とメニューバー設定

 画面の一番下に出てくるLuncher(ランチャー)。Macintoshっぽくていいのだけれど、実際には邪魔。そして、初期設定では大きすぎる。

 なので、まずはサイズと拡大を調整。サイズは小さめに設定して、拡大をすると、使いやすいと思う。人によっては拡大のチェックを外しても良いのかも知れない。お薦めはサイズはかなり小さくして(最小から10%くらい)にして、拡大を50%くらい。個人的には選びやすく、選択ミスが少ない。

 あとは、Dockを自動的に表示/非表示にチェックを入れる。これで、普段はDockが非表示になりデスクトップが広く使える。カーソルを画面の一番下に持っていくと、表示されるようになる。

 

Paste Plain Text(20210102追記)

 コピー機能を使った際の、文字列以外の情報を自動的に削除してくれる、機能拡張的ユーティリティ。通常、Webサイトから文字列をコピーして、Pagesやメモに貼り付けると、文字の大きさやフォントカラーなどの情報も一緒に持ってきてします。これはこれで良いところもあるのだが、ほとんどの場合は不要。

 不要なだけなら良いが、大抵は「邪魔」である。結局、文字の大きさを合わせたり、フォントを選択したり、カラーを統一したり、リンクを解除したりする作業が増える。

 これらの手作業を一気に不要にしてくれるのが、このユーティリティ。必要なのはPlain Text(プレーンテキスト)だけと言うことが多い方は導入必須。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。