漢方関係

042.桂枝湯

42、太阳病,外证未解,脉浮弱者,当以汗解,宜桂枝汤。

太阳病,表证没有解除,发热、畏寒、头痛等症仍在,而见脉浮弱的,应当用解肌发汗法治疗,适宜用桂枝汤。


太陽病で、表証が残り、発熱、寒気(畏寒)、頭痛などの症状が未だあり、脈が浮弱なのは、解肌発汗方を用いて治療するすべきで、桂枝湯を用いるのが適している。


解肌発汗方;発汗させ、体表面の邪を追い出す方法。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。