日常・日記

ビジネス実務法務検定2級 2021年6月 ITB初回なので、難易度はかなりのレベルダウン!?

 今回から、IBT(Internet Based Test・インターネット経由で行う試験)方式で行われることになった。

 そのため、PCの操作が不慣れな人に配慮してだろうと思われるが、選択肢が簡単になった。

 詳細は書かないが、結果として消去法で安易に答えが導き出せる問題が増えた

 IBT方式が初回ということもあり運営側(商工会議所)も手探りなところはあるのだと思うが、PCに慣れた人間からしたら、かなりのレベルダウン。拍子抜けな試験だった。

 結果は40問中1問だけ間違えた。合格したこと自体はいいことなのかも知れないが、こんなに簡単な試験では、合格の価値が下がってしまう。
 IBT式では、90点以上は合格A、80点以上は合格B、70点以上は合格C、70点未満不合格など、ランク付とかが欲しいところ。

<2021.12.19追記>

2021年第1シーズン(第49回検定試験)の受験者データが公開されていた。
昨年度の合格率43.4%から、今年度合格率68.4%と、25%もアップした。
偶然!?の可能性もありますが、25%のアップはやはり難易度が落ちたと、推測するのが妥当だと思う。本文にも書いたが、この合格率では「2級」としての価値が下がってしまう。(参考:3級の合格率は87.3%だった模様。9割近くが合格する検定試験に意味はないような気もする)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。