漢方関係

059.瀉下と発汗による津液の損傷

59、大下之后,复发汗,小便不利者,亡津液故也。勿治之,得小便利,必自愈。

用峻泻药攻下后,又再发汗,出现小便短少的,这是误汗下后损伤津液的缘故,不能用通利小便的方法治疗。
待其津液恢复而小便通畅,就一定会自然痊愈。


下剤を用いて瀉下した後、またさらに発汗し、尿量が減少するのは、誤って発汗と下痢で津液を損傷したからであり、尿量減少を治療する必要はない。
津液が快復し、小便がスムーズにでるのを待てば、必ず自然に治癒する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。