漢方関係

063.麻杏甘石湯

63、发汗后,不可更行[注]桂枝汤,汗出而喘,无大热者,可与麻黄杏仁甘草石膏汤。

发汗以后,出现汗出、气喘,而畏寒,头痛等表症已无的,为热邪壅肺所致,不能再用桂枝汤,可以用麻黄杏仁甘草石膏汤治疗。


発汗した後、汗や咳が出て、畏寒し、頭痛などの表証がすでに無いのは、熱邪が肺にとどまっているので、桂枝湯を再度使えず、麻黄杏仁甘草石膏湯(麻杏甘石湯)で治療できる。


更行:再用
黄耳杯:古代饮器,容量一升。


麻黄杏仁甘草石膏汤方
麻黄四两,去节,杏仁五十个,去皮尖,甘草二两,炙,石膏半斤,碎,绵裹,上四味,以水七升,煮麻黄,减二升,去上沫,内诸药,煮取二升,去滓,温服一升。本云,黄耳杯

麻黄四两,去节,杏仁五十个,去皮尖,甘草二两,炙,石膏半斤,打碎,用布包,以上四味药,用水七升,先加入麻黄煎煮,煮去二升水分,除去上面的白沫,再加入其它各药,煎煮成二升,去掉药渣,每次温服一升。旧本说:服一黄耳杯(古代饮具,容量一升)。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。