マジック,  日常・日記

マジシャンの常識、世間の非常識?

 私は手品(マジック)を趣味にはしているけれど、手品業界人ではありません。そのため、下記の件において私は違和感を感じますが、手品業界では常識あるいは当たり前のことかもしれません。

 っと、前置きして。

以下、とあるマジック専門通販サイトでのマジック道具の販売ページからの引用です。

引用:「これはコピー商品ですが、なんらアメリカ製と変わりません。」

 仲間内の話ではなくて、商業ベースのウェブサイトでコピーを宣伝する感覚が驚きです。

 そして、極めつけが、

引用:「品質も変わりありませんので安いほうが得ということになります。」

 ・・・いや、その理論はおかしい。損得の問題ではない。理論のすり替えです。

 法的には特許を取っていないので、自由にコピーしても良いという方もいてるけれど、法的に問題なければ何をしても良いというものではなく、法律は最低限のモラルを罰則付きで明文化したものであって、良識ある一般人は社会を生きる上で、法に触れなくても守るべきルール(モラル)はあると思う。

 ましてや同じ業界を生きる者同士でそれ(コピー)を推奨するなんぞ、タコが自らの足を食う行為にすらなりかねない。

 こう言うのがまかり通ると、巡り巡って業界全体の発展に水を差すとしか思えない。

 でもまぁ、手品師(マジシャン)の程度を見ていると、手品業界なんてこんなもんかな?。

 あるいは、こういうことからも手品師(マジシャン)の程度も推し量れると言うものです(笑)

2013/05/447.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。