漢方関係

094.調胃承気湯

94、太阳病未解,脉阴阳俱停,必先振栗汗出而解。但阳脉微者,先汗出而解,但阴脉微者,下之而解。若欲下之,宜调胃承气汤。

太阳表证没有解除,如果出现畏寒战栗,并见尺部寸部的脉象皆沉伏不显,继之高热汗出而病解的,这就是战汗证。
此时,如果先触摸到寸部脉微微搏动的,主病在表,应当先发汗解表,则病可解。
如果先触摸到尺部脉微微搏动的,主病在里,用泻下法则病可愈。
如果要用泻下法,适宜用调胃承气汤。


太陽病表証があり、もし畏寒戦慄があって、尺脈と寸脈が沈ではっきりせず、高熱と発汗続くのは 戦汗証である。
この時に軽く撫でで寸脈が軽く脈打つようであれば、主な病は表にあり、先に発汗させ解表させて治すべきである。
もし尺脈が軽く脈打つのであれば、病は裏にあり、瀉下法を用いて治療する。
瀉下法を用いるなら、調胃承気湯が適している。


触摸chùmō軽くなでる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。