マジック,  日常・日記

友人結婚式二次会打ち合わせ

・飲み友達
・バーノンズバー8期同期生(=トニーDの生徒)
・会社の後輩(関係薄い)
・性格が少しヒネている者同士。
 ・・・って書くと、「ヨコヤマさんほど、歪んでない」と反論されると思うが。

 そんな友達?

 やすみんから結婚式二次会の幹事(たけっちょとのW幹事)を依頼されたので、心斎橋の近くの居酒屋で打ち合わせをすることになった。
 たけっちょ、やすみん、私。・・・誰一人として「計画性」がない。 さらに三人とも、「なんとでもなるよ。」「何でも良いよ。」が決め台詞なので、行き当たりばったりなのは当然の結末。
 それでも「個室があって、静かっぽいところ。」をチョイス(学生が来ないようなちょっと高い目の店を選べば大丈夫だろう・・・と言う安易な考え)。
 結論は、いい感じのお店でした。

 打ち合わせでは、司会は?、最初の挨拶は?、イベントは?、流れは?、招待者は?、などなど。
 先日、結婚式二次会を近隣で行ったばかりのたけっちょのアドバイスの下、ちゃくちゃくと進められていく。
 手品はメンドくせー。と言いながらも、非手品人の招待客が期待しているところもあるので、これは入れる。
 新郎の要望(新郎・新婦による楽器演奏)も取り入れながら詳細を打ち合わせていく。まぁ、「めでてぇってことで」。

 そして、酒も進む。

(導き出た結論)
・マッコリの生はちょっと酸っぱい。
・唐辛子マークは(最大10のうち)3つくらいがちょうど良い。
・頼んだはずの生青唐辛子がでてこない。
・やすみんが店員さんに嫌味を言った。

・二次会なんて、「めでてぇ。って事でなんとでもなるよ。」

(素面になってからの結論)
・幹事を頼む相手を間違えていないか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。