• 読後感

    旅する練習:乗代雄介

    タイトル:旅する練習
    初版:2021年1月12日
    発行:株式会社講談社
    著者:乗代雄介 [のりしろゆうすけ]

    サッカー少女と小説家の叔父のロード・ノベル
    中学入学を控えた少女・亜美と叔父の「私」は、コロナ禍の春休み、千葉の我孫子から茨城の鹿嶋まで川沿いを歩いて向かうことに。文学、サッカー、鳥や自然などさまざまなモチーフが旅に交錯していく。自分の大切なものを見直したくなる一冊。

    VISA 情報誌 2021年4月号より

     ロード・ノベルって言う分類があることを初めて知る。

     タイトルは「旅する練習」とあるが、主人公のサッカー好き少女(亜美・小六)と小説家である(私)叔父との「練習の旅」の物語。

     旅の途中、途中で、叔父は風景を描写し、少女はリフティングやドリブルなどの練習をしながら(体力アップも?)の旅。2020年3月、近代において未曾有の新型コロナウイルスの蔓延の兆しが見え始めたころ。しかし、まだどこかで「まぁ数ヶ月もしたら治るだろう」と言う感覚が社会に残っていた頃を舞台にした小説。(実際には1年後の2021年3月時点ですら収束が見えていない)。