• カメラ・写真,  外出、旅行

    新世界界隈散策20201229

     運動不足解消も兼ねて、ぶらぶらと散策。

     驚くほど人が少ない。

     そして、数ヶ月ぶりに訪れたが、多くのお店が店を畳んでいた。反面、射的場がやたらと増えていた。人件費は少なくて済むし、飲食業と違って腐らない分、仕入れに関してもリスクが少ないからだと思うけれど。ただ、飽和している感は否めない。

  • 漢方、生薬、草根木皮,  カメラ・写真,  外出、旅行

    長居植物園「特別講座」 薬用植物 オケラ

     武田薬品工業(株)京都薬用植物園の方による、表題の講演と株分けの実習。

     一般向け講座なので、オケラ(朮)に関わる、伝統行事(をけら参り、節分祭など)や風習(屠蘇)などについて、生薬(白朮)としての使い方などの紹介があった。ただし、使用(服用)に関しては、専ら医薬品に分類されるので、製薬企業なので、ちゃんと「専門家への相談」する旨を補足説明されていた。

     その他、育成するにあたっての注意点やポイントなどの説明もありなかなか勉強になった。

     オケラの若芽が食用とされていたことは知らなかったので、自家栽培分を来春に収穫してみようかと思う。

    領収書
    20201115:講習会でいただいた白朮。がっつり「鉢」なので、持って帰るのが結構重たかった・・・。

     あとは、終わってから少し長居植物園内を散策。

     秋桜[こすもす]は満開。まだ蕾もあり、すでに花びらが散り(枯れ)始めているものもあり、まさに開花している花が一番多いころなのかもしれない。

    20201115:長居植物園:秋桜[こすもす]
    20201115:長居植物園:秋桜[こすもす]
    マリーゴールド[marigold]
  • カメラ・写真

    梅田〜中津、難波界隈散策

     天気も気候も良いので、街ぶらのスナップ撮影。梅田から中津界隈まで散策。その後、難波に用事があったので、難波界隈をぶらぶらと。

     Leica M3 with Summitar 50mm/f2.0 & chiyko rokkor 3.5cm f3.5

    20201103:ヨドバシカメラLINKS(リンクス)北側
    20201103:ヨドバシカメラLINKS(リンクス)北側
    20201103:ヨドバシカメラLINKS(リンクス)北側:chiyko rokkor 3.5cm f3.5
    グランフロント大阪(北側):chiyko rokkor 3.5cm f3.5
    20201103:梅田駅とスカイビルとの間にある連絡通路。
    20201103:梅田駅とスカイビルとの間にある連絡通路。
    20201103:梅田スカイビル前
    20201103:梅田スカイビル 新・里山
    20201103:阪急中津駅高架下:本来、高架下エリアにお店などがあったけれど、改装中なのか工事中でした。昭和感が漂うエリアでしたが・・・。どうなるんでしょうか?
    20201103:阪急中津駅
    20201103:阪急中津駅
    20201103:阪急中津駅 改札前
    think食堂(最寄り、阪急中津駅)の近く:think食堂。もともと人気店。ここ数ヶ月でほぼ確実に並ばないとランチにたどり着けないお店に。
    20201103:十三大橋から阪急線。

    ここから難波(ミナミ)

    20201103:浮世小路
    20201103:法善寺付近
    20201103:千日前
    20201103:なんば(南海側)
    20201103:なんば(南海側)
  • カメラ・写真,  外出、旅行

    長居植物園 コスモスフェア

     ひさびさの長居植物園。

    20201101:秋桜[こすもす]:長居植物園植物園
    20201101:秋桜[こすもす]:長居植物園植物園
    20201101:秋桜[こすもす]:長居植物園植物園
    0201101:秋桜[こすもす]:長居植物園植物園
    20201101:秋桜[こすもす]:長居植物園植物園
    20201101:秋桜[こすもす]:長居植物園植物園:
    あえて露出オーバーで撮ってみた。女子っぽい?(偏見)
    20201101:十月桜[じゅうがつざくら]:長居植物園植物園
  • カメラ・写真,  外出、旅行

    近所散歩[PEN-F(film)]

     新型コロナ禍で、この夏は休暇もほとんど外出せず。人混みを避けての外出だったら良かったのかもしれないkれど、暑い中でマスクをしてられない。

     まだ涼しいとまでは言い難く、歩いていると少し汗ばむ陽気ではあるものの、暑さも和らいできたので、PEN-Fを携えて少し散歩に出かけてみた。

     72枚(36枚撮り×2)を撮り切るぜ!と勇んででたものの、久々の散歩で足が疲れて、40数枚撮影したところで挫折。このまま置いといてもいいのだが、ここで現像しないと使い切るがいつになるか分からない。少しもったいないが現像に出して、これまた久々にフィムルスキャンをして一日が終了。

     いい運動にはなったと思う。


    天王寺周辺
    天王寺周辺
    天王寺周辺(動物園前周辺)
    新世界周辺
    新世界周辺(通天閣)
    ウラなんば周辺(ミナミ周辺)
    道頓堀(ミナミ)周辺
    心斎橋周辺
    心斎橋周辺:工事現場の殺伐感を和らげるにはいいのかもしれないけれど、小さな子供が近づいて来て逆に危ないような気もする・・・(^^;;;。
    心斎橋周辺
    ミナミ周辺
    アメ村周辺
    アメ村周辺
    西堀江周辺
  • カメラ・写真,  日常・日記,  外出、旅行

    咲くやこの花館

    メモ:

    • チケット売り場が閉鎖(移動)になっていた。
      入り口少し手前にあったチケット売り場&チケット自動販売機が閉鎖になっており(新型コロナウイルスの影響?)、入り口の手間(外)にチケットの自動販売機が1台設置されていた。
      これまでの半券を渡すタイプではなく、購入したチケットを見せるだけで入場できる(当時16:30までは再入場可)。
    • 訪問時間
      午前中が比較的空いている。
      開場前に水やりをすると思われる。そのため、開場直後は植物に水滴が残っている。水滴狙いなら10時の開場すぐに訪問が良いと思う。
    • 100円玉を事前準備
      ロッカーを使う場合は、100円玉の事前準備。受付で両替もしてくれるが、できるだけ迷惑をかけないように事前準備をしていくのが良い。
    • 虫除け対策が必須
      今回、忘れてしまい蚊にさされる。構図を決めたりしていると、ほぼ動かない同じ姿勢で止まっていること数分。蚊の立場からすると絶好の餌場でしかない。
      普通に歩いて見て回ったりするにはそこまで蚊が多いわけではない。
    • フォトコンテスト開催中

    写真

    緋宝丸[ひほうまる]レブチア・クラインジア[Rebutia krainziana ]
    エンシクリア・アラタ[Encyclia alata]
    五歛子[ごれんし](スターフルーツ[starfruit])
    蘭[らん](品種の名札が確認できず・・・)
    梨[なし](幸水)
    蓮花升麻[れんげしょうま]
    蓮花升麻[れんげしょうま]
    蝦夷瑠璃草[えぞるりそう]
    エケベリア[Echeveria]
  • カメラ・写真,  外出、旅行

    長居植物園20200321

     新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2週間ほど休園していた長居植物園が再び開園。このまま収束に向かってくれれば良いが・・・。(*1)

    20200321:金花茶
    20200321:木瓜[ぼけ]
    20200321:満作[まんさく]
    20200321:庭梅[にわうめ](郁李仁[いくりにん])
    20200321:花梨[かりん]

    (*1)後日追記:結局、この後さらに感染者数が増加し、政府の緊急事態宣言もあり、4月8日(水)から5月15日(金)まで休園となった。

  • カメラ・写真,  日常・日記,  外出、旅行

    南禅寺、禅林寺など散策

     紅葉でも撮ろうかと、LeicaM3とPEN-F(デジタル)を携えて秋の京都へ。

     平日(火曜日)でも観光客はそれなりに多かった。


    <八坂神社およびその付近>

    <南禅寺>

    <禅林寺(永観堂)>

    Leica M3 with Summitar 50mm/f2.0
    PEN-F with M.Zuiko 17mm/f1.8

    <永観堂 寺宝展拝観券>

    <永観堂 禅林寺パンフレット>

  • カメラ・写真,  外出、旅行

    大阪港ダイヤモンドポイント

    今日は天気もいいということで、大阪港ダイヤモンドポイントへ。

     夕方の語学学習を終え、ちょうどいい時間に現地に到着。

     現地に到着して、「さて、三脚をセットアップしよう」と思って、リュックを弄[まさぐ]ると、何故か三脚がない。(撮影も終えた帰り際に、中国語教室から電話があり、教室に忘れていったことが判明してとりあえず一安心。)

     撮影そのものは、仕方ないので手持ちで。

     ただ、他にもカメラマニア(ファン)が多く来ていて、みなさん手持ち撮影だった。なので、一般的に夕日撮影に三脚って不要なのかな?

     天気も良かったので、三脚があれば夜景も撮影して帰りたかった気がしないこともないが、仕方ないのでひとしきり撮影を終えて帰路へ。(ただ、日が沈んで一気に外気が冷えて来て寒くなったので、ちょうど良かったけれど。)

  • カメラ・写真,  外出、旅行

    咲くやこの花館

     梅雨のために、外出が少なくなるこの季節。咲くやこの花館へ撮影に出かけた。

     行きはどうにか天気がもってくれたけれど、帰りは雨足が強くなってきた。咲くやこの花館自体は屋内なので雨の影響はそれほどないけれど、駅までの距離がそれなりにあるので辛い。

     加えていうと、今回は屋外展示(蓮や睡蓮)があったのでそちらにも影響があった。

  • カメラ・写真

    ビューファインダー[VIEWFINDER]の視度補正

     LeicaM3は、50mm,90mm,135mm用のブライトフレームを搭載していて、35mmのレンズの時はファイダーでは使いにくい。なので、ビューファインダー[VIEWFINDER]外付けしている。ただ、眼鏡愛用者にとって、ビューファインダーは眼鏡をかけているとフレーミングがしにくいし、外すと視界がボケる。どうにもこうにもできない。
     こいつをどうにかしたかったところに、Nikonの接眼補正レンズが恐ろしいほどにぴったり当てはまった。設置面(外周)を木工用ボンドでくっつけるだけ。(設置後の写真はまだボンドが乾いていない。乾いてからはみ出た部分を落とせばそれなりに綺麗になる)

     設置後の外観や実際にビュー感(のぞいて見た感じ)にも違和感はない。使用にも支障がないので快適。

  • カメラ・写真,  未分類

    [備忘録][写真]adobe blog:風景写真の勉強

    adobe blog:Goto Aki が教える、売れる風景写真を撮る基本より、自分なりの要点を抜粋。
    (リンク切れ/https://blogs.adobe.com/japan/serialization/goto-aki-が教える、売れる風景写真を撮る基本/)



    #1:光を意識してより質の高い写真を撮る。
    風景写真は2種類
     情報を伝えるための写真
     イメージの写真:素材と言う意識を持って撮影する。
    光の認識
     順光:被写体の色彩や形がはっきり写る。陰影の少ない平面的な描写になりやすい。
      →「情報を伝えるための写真」を撮りたいときに有効な光。
     逆光:被写体をシルエットとして描写すると印象的。露出をプラス補正すると被写体の表情が明るく写る。
      →感情に訴える写真が撮りやすい。
     斜光(サイド光):被写体に陰影がつき、立体的に表現できるという特徴があります。
    小物を使う
     C-PL(円偏光)フィルター:水面の反射を減らして水中をしっかり描写したり、葉の表面の有害光を除去して植物の色を表現したり、色彩とコントラストを強調する効果がある。
     レンズ:逆光に強いコーティングが施されているレンズを使えば、ゴーストやフレアーの発生を減らすことができる。
     フード:レンズに入る有害光を減らす。

    #2:風景の動きを「シャッター速度」という「時間」をコントロールして、印象的な作品へ。

    シャッター速度(高速シャッターとスローシャッターが印象的な写真になりやすい)
     高速 : 1/500 秒以上:細かな自然の動きをはっきりと描写したいとき
     標準 : 1/30 秒 ~ 1/250秒
     スロー : 1/15 秒 ~ 数分:自然の動きをやわらかく幻想的に描写したいときは
    小物
     三脚、レリーズ(あるいはタイマー)、NDフィルター。
    #3:色の重要性
    ホワイトバランス
     風景撮影においては、光源は太陽(おすすめ)。
     →理由:太陽光(晴天)であれば時間帯に合わせた色再現ができるため、撮影地の雰囲気が印象的に伝えやすくなる
    彩度調整:黄色、橙色、赤色などの暖色は彩度を上げると色飽和しやすい。(被写体の細部が潰れたり、階調が描写されない傾向になる)

    #4:造形=形、線、質感 (重要:絞り値)
    (ストックにおける風景写真の場合、明るく描写のはっきりした写真が売れる傾向にある)
    解放と絞り
     開放:周辺は被写体が歪んだり、色収差が出やすくなる。本当はシャープに描写したいのに周辺がぼやけている場合は絞り数値を確認。
     大きな絞り数値:F22、F32などで撮影すると、シャープさが損なわれる現象(回折現象)が発生する。目安としてはF16を最大値として撮影するとよい。

    #5:明暗:被写体の暗部(シャドウ部)に注目
     写真の中で明るい場所、暗い場所がはっきりするとストックフォトの利用者でもある編集者やデザイナーさんにとってはコピースペースとなり、素材として使いやすい風景写真となる。
     特に大事なのは「白飛び」しないこと。撮影時には白飛び厳禁。シャドウ部は現像処理である程度までは明るく戻すことが可能。

    #6
    カメラポジション(カメラの位置)
     ハイポジション:アイレベルより上:奥行きや空間を強調。非日常で新鮮。客観的。状況説明に適する。
     アイレベル:目の高さ。:日常的な表現に適する。安心感。安定感。
     ローポジション:アイレベルより下。:臨場感の強調。非日常で新鮮。主観的。
    アングル(被写体に対するカメラの角度)
     ハイアングル:被写体から見て高い角度からの撮影。:俯瞰の角度。チルト機能付の背面モニターを使っての撮影が便利。地面や水面が背景になる。
     水平アングル:被写体から見てほぼ水平の角度からの撮影。:被写体と視線の高さが同じ角度。日常感、親近感、安定感があるが、面白みに欠ける。
     ローアングル:被写体から見て低い角度からの撮影。:アオリの角度。遠近感を強調することで迫力のある写真が撮りやすい。被写体を上に見上げるため、爽やかさや希望などの前向きな表現にも適している。空が背景になる。

  • カメラ・写真,  未分類

    [備忘録]印刷に出す際の画像サイズ<PEN-F>

     写真印刷に出すと特にPEN-Fは4:3.とフィルムの3:2に比べると正方形に近い。ハガキサイズなどで印刷にだすと上下が切れる(web申し込みの時に、ちゃんと補正してあげれば良いけれど、上下に合わせると左右に余白ができる)。
     最初からそのサイズにトリミングをしておけば問題解決。そのためのメモ。

    PEN-F
     5184px:3888px = 1.33:1
    ハガキ
     152mm:102mm = 1.490196:1.0 (5184px:3479px )
    A4サイズ
     297mm:210mm = 1.4142857:1.0 (5184px:3665px )


    Lightroom CCの設定
    ・現像モジュールにする。
    ・切り抜き(R)ツールを選択する。
    ・パネルの縦横比から数値を入力…を選択して、印刷サイズの縦横比に合わせて比率を入力する。(小数点第3位まで有効か?)

  • カメラ・写真,  日常・日記,  外出、旅行

    長居植物園、梅の写真コンテスト(#長居植物園梅コンテスト)

     表題の通り、ホーム植物園である長居植物園にて写真コンテストが開催されるとあらば参加しない理由はどこにもない。
     と言うわけで、先週の土曜日(2/2)と本日(2/10)に撮影に行ってみた。
     先週の気温は低くとも日差しの暖かさを感じられる気候であった。今日はうって変わって、時折日差しがあるものの、立ち止まって撮影をしていたら、寒さが骨身にしみるほどの寒さ。
     とりあえず、撮影をすまして早速Instagramにアップしてみた。

    ※さらに2/16に会社の同僚たちと撮影会。ただし、前日の飲み会の影響で二日酔いで軽く頭痛のする中、撮影に集中できず。

  • カメラ・写真

    武田薬品工業 京都薬用植物園

    いつもの様に(?)武田薬品工業株式会社様の薬用植物園にて。


    [ムラサキ]


    [ミシマサイコ]


    [スイカズラ]


    [サフラン]


    [センブリ]


    [センブリ]


    [ゴシュユ]


    [クコ]


    [カラトリカブト]


    [アマステビア]


    [アマステビア]


    [タバコ]


    [センソウ]


    [ラッキョ]


    [ソバ]


    [カショウ]


    [カショウ]


    [サボンソウ]


    [キンレンカ]


    [キンレンカ]

  • カメラ・写真,  外出、旅行

    PEN-Fフィルムで新世界散策

    先日、橿原神宮に行った際にOLYMPUS PEN-F(フィルム)にセットアップしたはいいけれど72枚には程遠いので、新世界(通天閣)界隈を散策してみた。レンズはF.ZUIKO AUTO-S 38mm F1.8。
    ハーフサイズなので、縦撮が基本だけど、カメラと言えばiPhoneの現代では違和感が無い。むしろ横長の写真が例外扱いなのかも知れない。