マジック,  戯言・由無し事

マジック界のモラルは今だに底辺なんでしょうね。

 高山セロ師の三年ぶりの番組。

 ちょっと気になったシーンがあった。

サクラもCGもエンターテイメントの一部

 一般的なマジシャンがセロ師のマジック番組に対して「サクラ(やらせ)」だの「CG」だのと言う批判を述べている。

 しかし、私個人としては、サクラを使おうと、CGを使おうと、それはTV番組なので、視聴者(非手品人)が面白ければなんでも良いんだけれど…っと前置きしておき。

加工硬貨は違和感

 番組の中のコインマジックの際に、セロ師が安っぽい磁石の指輪をしてた。まさかと思ったけれど、やはり違法に加工された500円硬貨を使うマジックが行われた(と思う)。

 シェルと言う、500円硬貨をくり抜く加工がされた硬貨、および磁石が埋め込まれた500円硬貨(*1)…ではないか?(断定はできないが、少しでもマジックの知識がある人間が見れば、そうと分かるレベルで、加工硬貨が使われていたことに対しては確信に近い自信はある。)

違法ではない

 これらの違法な過程を経て作られた硬貨について、単純所持、つまり所有しているだけでは罪には問われることはない。

 しかし、TV局(番組制作)側およびセロ師が、日本の硬貨を加工することが違法であることを知らないわけがない。

 つまり、「違法でないからOK」との理解で、犯罪行為を助長することに関しては、どうとも思っていないことが分かる。両者(TV局、マジシャン)が「犯罪でなければ全て良し」程度の道徳しか持ち合わせていないと言う事は百も承知なので、再確認の意味でBlogに残しておこう。

 マジックは、清く正しく美しく。その上で楽しくありたいものです。


補足

(*1)2枚の硬貨を使い、それぞれの表面と裏面を、厚みが半分くらいになるまで削ります。そして、それぞれを張り合わせて1枚の硬貨の様に見せかけますが、その際に間に鉄や磁石そのものを埋め込むと、「磁石にくっつく500円硬貨の出来上がり」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。