外出」カテゴリーアーカイブ

台北(烏来[うーらい])旅行記録(2018/04/13-15) その3:雲仙楽園

雲仙楽園:さびれた感は否めない。
トロッコが最近復活したけれど、1年以上止まっていた影響か?


[看板娘]最初に出迎えてくれる看板を指し示す娘。略して看板娘。


ほぼほぼ同じ位置からの2枚の写真。1枚はOLYMPUSのPEN-F(デジタル)、2枚目はLeicaのM3。


餌の自販機がそばにあります。そのためか、人影を見るとめっちゃ寄ってきます。


[原民屋鮮啤吧(ビールバー)]ここの阿姨の気遣いに感謝。また行きたい。


原民屋鮮啤吧(ビールバー)でビールをいただきながら。
[烏来名物:泰雅竹筒飯(80元:約300円)]タイヤル族(泰雅族)の伝統料理で、小海老がたっぷり入ったご飯。


[烏来名物:石板烤山猪肉(120元:約450円)]豚肉を焼いたもの。見た目から油っぽいのを想像していたが、見た目ほど油っぽくなく、さくさく食べられた。


[ロープウェイ]大雨でした。



なんとなくラピュタ感。

台北(烏来[うーらい])旅行記録(2018/04/13-15) その2:烏來酋長文化村

  • 烏來酋長文化村
  •  タイヤル族・アミ族の踊りや歌、文化が楽しめます。500元(約1,900円)。台湾の物価から考えたら高いけれど、それほど街中にある劇場でもないので価格としては妥当かな?
     今回、偶然にも日本人ツアー客が2団体の予約があり、そのグループの時間帯だったので、解説などは日本語であった。ラッキーなのか、はたまた異国情緒を味わうにはアンラッキーっだたのか。
     内容としては、異文化、異国情緒に触れるのが目的なので、そういう意味では見る価値はあると思う。ただ、演芸としてのレベルは、(特に女性陣が)「台北市内からのアルバイトだろうなぁ。」と言う感は否めない。全体としては悪くないと思う。
     あと、最後に輪になって踊る羽目になる。そして、踊りの途中で個々にポラロイドでの記念撮影。この時点で「あぁ、最後に売りつけに来るんだなぁ。」と万人が予測できる。そして実際に、最後にちょっと飾った額に入れて販売される。その価格なんと500元(約1,900円)。日本人観光客はすごいね、飛ぶように売れていた。そんな中「いらね。」とも言える雰囲気ではなく、私も買ったけど・・・。ま、観光地で発生するイベントの一つなので高いか安いかと言われたら妥当な価格だけど。


    [1階のお土産屋さんにて]


    [タイヤル族(?)の伝統的な折り機]


    [笑顔が素敵なおにーさんでした。]


    [タイヤル族の伝統的な結婚式の様子を再現しているとのこと]

台北(烏来[うーらい])旅行記録(2018/04/13-15) 出発〜烏来トロッコまで

  • 今回最初のミッション:X線検査にフィルムを通さない。(往路:関西国際空港)
    「行きはヨイヨイ、帰りは怖い。」と言うことで、行きは日本語が通じるので余裕でクリア。
    手荷物検査場で「カメラのフィルムなので、X線を通さずに、手検査でお願いします。」と言うと即答で「わかりました。」と言っていただき対応してくれました。

  • 小呉牛肉麺(小吃)
    桃園国際空港に到着したのが10時半ごろ、それからsimを借りたりしていて、台北駅についたのが12時ごろ。日差しはきつかった。
    まずは腹ごしらえに入ったお店。乾麺が45元(約170円)。水餃子が50元(190円)。台湾ビールが30元(110円)。観光地の有名どころもいいけれど、恐ろしくコスパの良いこういうお店も外せない。
     なお、猪肉は豚肉のこと。また餃子と言えば、水餃子が一般的。

    [魯肉乾麺(卤肉干面)]

    [猪肉水餃]

  • 西門町紅楼
    ここしばらくの訪問でずっと改装中だった紅楼がオープンしていた。中には何故か入らなかった。

  • 「台北 → 烏来」のバス停(臺北車站(公園))
    西門町で腹ごしらえと、紅楼を軽く見た後は、とりあえず今回の目的地の烏来へ移動することに。
     西門町駅から台北駅へ戻り、M8出口を出て少し南下(二二八和平公園の方)へ進むとバス停がある。そこで849と書かれたバスをひたすら待つ。タイミングが悪かったのか、20分ほど待つ(時刻表には平日は
    15−20分に1本と記載されている)。
     ネットで調べたら「臺北車站(青島)」のバス停を勧めているサイトが多かった。M8出口から出たら、「臺北車站(公園)」のバス停も距離はさほど変わらないので、こちらまで歩いた方がおすすめである。
     どちらのバス停でもこの段階ではそれほど混まないので座れると思う。しかし、せっかくなら一番前の席で景色も楽しみたい。特に私の乗ったバスは2列目以降の座席のガラスにはスモークが貼ってあり、外がほとんど見えない状態であった。なので、前述のとおり(公園)側がお勧めのバス停となる。
     他のサイトでも紹介されている通り、新店駅からだと座席が埋まっていて座れない。ここからがハードな山道なので、バスに乗り慣れていない日本人には立って、この山道を超えるのは辛いと思う。
     そして、バスに揺られること1時間半で烏来に到着。
  • 烏来観光トロッコ(料金:50元)
    2015年に台風の被害に合い昨年(2017年)8月26日に運行を再開したトロッコ。
    思ったより乗りごごちは良かった。もっともっとガタガタ揺れてスリリングかとおもったらそうでもなかった。片道約6分。
    無駄にもう一往復くらいしても良かった。と、帰国してから思う。
  • 烏来瀑布
    残念ながら、瀑布感はまったくなかった。時期によっては水量が違うのかもしれない。

2018年中国春節祭in大阪天王寺

近所で春節祭が開催されているとのことで立ち寄ってみることに。

<歌とダンス(歌舞) candy-comb
到着したら、candy-combと言う二人組の演目だった。
(私にとっての)初っ端の演目は一切の中華感なし、春節感もなし(^^;;;。(日・中それぞれの出し物があるのでそういうもんだけれど)
風の強い吹きさらしの舞台ではちょっと大変そうだった。
あと、観客層の年齢が高めあるいは逆に年端のいかない子供達だったので、若干のアウェイ感が(^^;;;
でも見てて飽きずに普通に面白かった。
せっかくなら運営側がもうちょっと良いマイクとスピーカーを用意して欲しかったところ。




<中国笛(竹笛) 竹笛演奏家 王武>

<中国東北ヤンコ踊り(东北大秧歌) 中国帰国者団体連合会>
秧歌[yāngge]=田植踊り。「秧歌を踊る」の動詞は扭(niu3)。なので、扭秧歌。
会場内ないを練り歩くイベント。中国っぽい、ばりばり原色な衣装。

<古筝演奏(古筝演奏) 中国湖北 徐穎>
中国笛もそうだけど、こういう珍しいのが見れたり聴けたりするのはいいと思う。
ただ、今日はまだ寒かったので、じっと立って聴いているのはそこそこ堪える。

<中国・日本歌謡メドレー(中国・日本歌谣联奏) リュウリュウフルス吹奏楽団
楽器の名前は聞いたけれど忘れた。

<舞書パフォーパンス(书法・音乐同台表演) HITOMI SADO
欧米圏の外人さんが喜びそうな衣装とパフォーマンスでした。
強風の中で書道と言うのは厳しかっただろうなぁ。プログラムには「书法」(shufa)と書いてあるけれど、ちょっと違和感がある。どちらかと言えば「跳舞」(tiaowu)かなぁ。
まぁ、それはそれで面白かったけど。

<エイサー 月ぬエイサー>

東京、浅草雷門からスカイツリー散策

東京に3年ほど住んでいたことがあるけれど、雷門には行ったことがない。
所用で東京に行く用事あったので、空き時間に浅草へ強行軍。
今回はスーツ姿にLeica M3を首からかけての観光。

ホテルまでの道のりでの2枚。あまり東京って感じはしない。

浅草といえば、雷門。人・人・人。
ぼーっとカメラを構えていたら、若いカップル(死語?)に撮影を頼まれる。最初、英語で話しかけられたので、「Are you come form?」と聞いたところ台湾人カップルとのこと。そこからは中文で、とりとめない会話で少し盛り上がる。

あとは境内(?)を散歩。
なんにしても人が多かった。

最後はスカイツリーの足元まで歩いて散策。
フィルムの巻き上げに異常が発生して、最後の2枚はどうやら多重露光になってしまった。
しかし、それはそれで面白いのが撮れた。