外出」カテゴリーアーカイブ

2018年中国春節祭in大阪天王寺

近所で春節祭が開催されているとのことで立ち寄ってみることに。

<歌とダンス(歌舞) candy-comb
到着したら、candy-combと言う二人組の演目だった。
(私にとっての)初っ端の演目は一切の中華感なし、春節感もなし(^^;;;。(日・中それぞれの出し物があるのでそういうもんだけれど)
風の強い吹きさらしの舞台ではちょっと大変そうだった。
あと、観客層の年齢が高めあるいは逆に年端のいかない子供達だったので、若干のアウェイ感が(^^;;;
でも見てて飽きずに普通に面白かった。
せっかくなら運営側がもうちょっと良いマイクとスピーカーを用意して欲しかったところ。




<中国笛(竹笛) 竹笛演奏家 王武>

<中国東北ヤンコ踊り(东北大秧歌) 中国帰国者団体連合会>
秧歌[yāngge]=田植踊り。「秧歌を踊る」の動詞は扭(niu3)。なので、扭秧歌。
会場内ないを練り歩くイベント。中国っぽい、ばりばり原色な衣装。

<古筝演奏(古筝演奏) 中国湖北 徐穎>
中国笛もそうだけど、こういう珍しいのが見れたり聴けたりするのはいいと思う。
ただ、今日はまだ寒かったので、じっと立って聴いているのはそこそこ堪える。

<中国・日本歌謡メドレー(中国・日本歌谣联奏) リュウリュウフルス吹奏楽団
楽器の名前は聞いたけれど忘れた。

<舞書パフォーパンス(书法・音乐同台表演) HITOMI SADO
欧米圏の外人さんが喜びそうな衣装とパフォーマンスでした。
強風の中で書道と言うのは厳しかっただろうなぁ。プログラムには「书法」(shufa)と書いてあるけれど、ちょっと違和感がある。どちらかと言えば「跳舞」(tiaowu)かなぁ。
まぁ、それはそれで面白かったけど。

<エイサー 月ぬエイサー>

東京、浅草雷門からスカイツリー散策

東京に3年ほど住んでいたことがあるけれど、雷門には行ったことがない。
所用で東京に行く用事あったので、空き時間に浅草へ強行軍。
今回はスーツ姿にLeica M3を首からかけての観光。

ホテルまでの道のりでの2枚。あまり東京って感じはしない。

浅草といえば、雷門。人・人・人。
ぼーっとカメラを構えていたら、若いカップル(死語?)に撮影を頼まれる。最初、英語で話しかけられたので、「Are you come form?」と聞いたところ台湾人カップルとのこと。そこからは中文で、とりとめない会話で少し盛り上がる。

あとは境内(?)を散歩。
なんにしても人が多かった。

最後はスカイツリーの足元まで歩いて散策。
フィルムの巻き上げに異常が発生して、最後の2枚はどうやら多重露光になってしまった。
しかし、それはそれで面白いのが撮れた。

入賞:「カメラのキタムラ」×「DeNAトラベル」旅フォトコンテスト2017」

昨年の「DeNAトラベル 海外旅行で見た風景フォトコンテスト」に続いて、DeNAトラベルでのコンテストに2年連続入賞。
今年は、カメラのキタムラとのコラボで、「カメラのキタムラ」×「DeNAトラベル」旅フォトコンテスト2017」がタイトル。
 もちろん(!?)末賞ではあるが嬉しい限り。
 入賞したことが嬉しいのはもちろんのこと、2回とも台湾の写真で入賞したのも嬉しい要因の一つ。

台湾旅行:關子嶺編(関子嶺編):<2日目>

2017年10月07日(土)
○碳焼杏仁茶 [Google map]
 
朝食のお目当てのお店(?)「碳焼杏仁茶」へ。駅からは少し離れているけれど、歩けない距離でもないのでとぼとぼと歩く。
民族路をまっすぐ東へ歩いていると、下調べした通りに、道に椅子が並べられたお店(?)が見えてきた。屋台でもないし、お店と言うにも少し違うけれど、とにかくそこが目的地の碳焼杏仁茶。7時前だけれど、先客が二人。
とりあえず、空いている席に座り「一人です。」と伝えると、おじさんから油条を出される。
それからおもむろに杏仁茶を作り出してくれる。途中で「卵はいれるのか?」と聞かれた。孤独のグルメ風に心の声としては『卵を入れても美味そうだな。』っと思い、と卵もお願いする。
程なくして、カップが手渡されて、右手にカップ、左手に油条の状態。・・・写真が撮れない。ひとり旅の辛いところ。
代金は40NTD。
とりあえず先客の二人を少し観察して、食べ方を確認する。油条を杏仁茶につけて食べるようだ。つけずに食べてもいいけど。
杏仁茶は少し味がきついくクセがある。けど、台湾的には普通な濃さ。

○朝市(共和路)
碳焼杏仁茶のあるロータリーから北に延びる道で朝市を発見したのでぶらぶらしてみる。
とにかく、バイクが多い。自転車感覚でバイクが往来しているので、のほほんとしていると轢かれそうになる。活気がすごい。夜市と違い、食材がメイン。バイクに轢かれないように気をつけながら見学。

○嘉義客運
関子嶺温泉へ。
嘉義を出発するバスは、嘉義客運のバスステーションでも乗れる。しかし、始発はここではなく、駅前のバス停の模様。(※google mapが示すバス停は反対側のような気がするのだが)
いずれにせよ、先客は4人ほど。バスステーションのインフォメーションで事前に乗り方を確認。乗る時と降りる時に一卡通をタッチするらしい。

○関子嶺温泉街
嘉義客運のバスに乗ること約1時間。9時には到着してしまう。人気[ひとけ]はまばら。

○靜樂館(静楽館)[Google map]
30分ほど近くをぶらぶらしたけれど、めぼしいものもないので、早速1件目の目当ての靜樂館へ。
まだおかぁさんが掃除をしていた。受付のご主人に「温泉に入りたいんだけれど、いくら?」と聞くと「一人はなくて、二人料金で1,500快(5,700円)だよ。」と言われる。た、高すぎる。そんなはずはない。とりあえず一旦はお断りして、その場でiPadにてネットで調べる。
1時間料金と言うのがあるらしいので、「1時間のやつ」と伝えると今度は「500快」だよ。と言われる。

 奥の方に個室になったお風呂がいくつかあって、その一つに案内される。朝、早すぎるのもあって、待たされることはもちろん、他のお客さんを見かけることもなし。
 iPad miniとカメラをカウンターで預けて、今回の旅行の目的の泥温泉を早速堪能する。
 独特の香り(臭いとも表現出来る)も楽しみつつ、あっという間の一時間。

 ちょっと用事があって、iPad miniのsimカードとiPhone SEのsimカードを入れ替えたくて、針金を借りようとして、「simを取り出したいので、針みたいなのを貸してください。」と伝えたところ、「本当の針」を貸してくれた。どうにか事足りたけれど、お店のカウンターで「そこで作業していいよ。」とか言ってもらって気を使ってもらう。
 その後、入り口のソファーで小一時間ほどゆっくりさせてもらった。
 子猫がいたけど、すぐにソファーの裏に隠れてしまって撮影できず。

 とにかく、悠久と時間がながれ、癒される時を過ごせた。また来たい。と早速思う。

○懐香食堂[Google map]
 9時に着いたけれど、靜樂館でまったりしてすでに11時。
 懐香食堂まで歩いたらちょうどいい時間なので、てくてく歩く。
 途中のものすごい階段でショートカットしてみる。

 案内された席について「日本語のメニューはありますか?」と聞いたけれど、どうやら無いよう。
 しかし、ここからが台湾人の親切さが爆裂。
 おねぇさん(と言っても小学生高学年くらいのお子さんがいてそうな妙齢ですが)が、自分のiPhoneでメニューの写真を出して、色々と説明してくれたり、私の拙い中文にも一所懸命に対応してくれて、忙しい時間に余計な時間を割いてくれた。
 一昔前のお笑い芸人のネタでは無いけれど「惚れてまうやろぉ。」ってなってしまうところだった。料理を食べる前から、靜樂館同様に「また来たい。」と思ってしまう。恐ろしい国だ、台湾。
 ただ、10月だというのに30度を軽く超える気候、そして天気も良く、(暑気あたりなのか)食欲を奪われてしまっていて、半分くらい残す羽目に。ほんと、申し訳なかった。料理はどれも美味しかっただけに余計に残念。
 帰り際に「少食で申し訳ない、今度は絶対友達とか連れてきます。」と言ったところ、満面の笑みで「歡迎!」って言ってもらえる。「申し訳なさ」が半分、「惚れてまうやろぉ。」が半分で店を出た。


・サービスでつけてくれた料理。

○関子嶺統茂温泉会館
腹ごしらえが終わって、次の温泉へ。
こちらは、400NTD(飲み物着き)。プールもある。
ここでも受け付けから、スタッフがみなさん親切。
なお、10NTDかかるものの鍵付きロッカーもあるので、安心。
温泉自体は水着着用とは言え、撮影禁止なので、写真はない。
泥パックと温泉を堪能して、更衣室で着替えていたら、就学前くらいの男の子が近づいてきて、「海パンの紐を結んでくれ。」と言ってきた。結んであげて「好吗?(いいかい?)」って聞いたらちょっと緩かったらしく「もっと強くして。」と言われて結び直してあげて、「いいかい?」と聞くと「うん」と頷いて走って行った。
こう言うのもなんだかほっこりする。

○浴衣まつり?
夕方から、日本の浴衣を着るイベント(?)のようなものが開催されるよう。浴衣すがたのカップルや、会場ではプレイベントのようなものが開催されていて、日本語の歌(たぶんアニメソング)がずっと流れていた。
日本の文化を愛してくれる台湾人。
日本から教育やインフラの提供を受けたが、今やなんでもかんでも「日帝残滓ニダ!」とか言って、日本を敵視する某国。敵視しているくせに、プライドなく強請りと集りを続けている某国と比べて、両国とも日本に近いだけにコントラストが際立つ。
これからも台湾と日本がお互いを尊重していければと節に願う

○帰路
 夕方15時半ごろ。
 もう一軒くらい温泉にはいるかどうか悩んだけれど、気になること(Booking.comのミスによる一方的な宿泊キャンセル)もあったので、嘉義への帰路につく。
 バスは途中まで完全に貸切状態。ほんと、また来よう。

台湾旅行:關子嶺編(関子嶺編):<1日目>嘉義市へ

2017年10月06日(金)
○関西国際空港
一人旅御用達の桃楽航空(ピーチ)は第2ターミナル。今回でわかったことは第2ターミナルのピーチやスプリングの旅程であっても、第1ターミナルのラウンジが使えること。早めに着きすぎたのでチェックインだけ済まして、第1ターミナルに戻り小一時間をラウンジで過ごす。離陸の1時間ほど前に第2ターミナルに戻り、出国手続きを済ませる。かなり空いていた。

○換金
 1NTD=3.8円とかなりレートが悪い。円安なので仕方ないが、初めて台湾に来た頃は確か、1NTDが2.6円くらいだったので全ての物価が50%くらいアップした感覚になる。

○台湾大哥大にてsimカードを借りる。
 パスポートで履歴がわかるので、「前に買ったカードにリチャージできるので、次回来る時はこのsimカードを持ってきてください。」と軽く注意(?)、と言うかお願いをされる。「番号が維持できますよ。」みたいなことを言われるが、iPad miniなのでどうせ通話はできない。まぁいいや。
 3日分で300NTD。

○嘉義駅へ移動。
 まずは、高雄捷運で左營駅まで移動。高雄国際空港を出てすぐに地下鉄の入り口があるので便利。
 左營駅から高鐵・新左營站で嘉義駅へ向かう。とりあえず、改札をくぐってみたらちょうど電車が来ていて、近くの人に「嘉義駅へ行きたいけれど、これでいいか?」と聞いたら、大丈夫。との返事だったので乗ってみた。
自強号で指定席な上、込み込み。連結部まで混み混み。さらに連結部にはエアコンが来ていないので、地獄の暑さ。ただ、この暑さのなかボタボタと汗を流しているのは自分だけ。台湾人にしてみれば、もう十二分に秋で涼しい気候なんだと思う。日本人にしてみれば30度を超えたら、十二分に暑すぎるぞ。

○慶昇小館で腹ごしら
 自強号で1時間ほど立ったままの移動という拷問にあいながらも、そのおかげで、16時には嘉義駅へ到着。
 慶昇小館の卵チャーハン(蛋炒飯)が美味しいとのことで、まずはここから。[Google Map]
 本当は、店内で食べる場合は、席に着いてから注文するのだけれど、勢い余ってレジでいきなり注文してしまったが、店内で食べることを伝えて先に注文した。
 注文は卵チャーハン(蛋炒飯:40元)とカジキのスープ(旗魚丸湯:20元)と台湾麦酒(台灣啤酒:40元)で合計100元(380円)。
 頼んだはずのジキのスープが忘れられていたみたいで、いつまでも出てこないので、「頼んだはずのカジキのスープがまだなんだけれど。」と言ったらすぐに出てきた。けど、チャーハンはすでん2/3ほど食べ終わっていた。一緒に堪能したかった。


○文化路夜市
 ホテルにチェックインしてから、時間はまだ早かったけれど、夜市に出かけてみた。
 もともと体調が万全でなかったことに加え、電車での移動の疲れに加え、暑さに体力を大分と削られていたようで、それほど食欲もないのでぶらぶらしただけ。
 入り口(?)でいきなりドリンクスタンドで行列を発見。ドリンクだけはいくら飲んでも汗で出て行く台湾の気候。迷わず並んでみた。5分ほど並ぶと、順番待ちの札件の様なものと交換となり、それからさら10分ちょっと待って、やっと商品が手渡される。それくらいの人気店だった。[Google Map]
 あとは、そのドリンクを持ちながらぶらぶら夜市を散策。しかし、まだ歩行者天国の時間ではなく、単車だらけでおちおち見てられない。
 菱角を見つけて購入してみた。栗みたいな味。そもそも栗があまり好きじゃないので、微妙な感じ。栗(マロン)が好きな人にはハマるかも知れない。


番号札は58番。この後、待つこと約10分ちょっと。

○咱台灣人的冰店(かき氷):[Google Map]
 食欲もないし、興味のあるものも売ってなかったので、一通り夜市を堪能したら、今回の主たる目的(泥温泉)に向けて英気を養うために少し早めに帰路についた。
 あまりの暑さに途中のかき氷屋で、イチゴ氷を注文して帰る。
 「5種混ぜ」みたいなメニューがあったけれど、果敢に挑むほど気力が残ってなかった・・・。
 しかし、35元(130円)で、(インスタント麺の)どんべえくらいのカップ麺とほぼ同じ大きさのカップに氷とイチゴ(ジャム?)がたっぶり入っていた。全部食べたらお腹を壊しそうだったのでほどほどにしておいた。