あざくら

イラストに林檎をあしらったブランド。
林檎を意識したのか、さっぱりした舌触りと喉越し。
かなり飲みやすい。美味しい。けど、好みは分かれるところ。また料理(肴)も選ぶところ。

「輝け!駄カメラ撮影会」参加

 大阪のカメラ屋「篠原カメラ」さん
主催の「輝け!駄カメラ撮影会」に参加してきました。
 店主の篠原さんを入れて9名にて、帝塚山地区〜西成地区をスナップ撮影。(6/22、途中でフィルムを交換して、もう一本はまだ現像できておらず)。
梅雨の合間、前日まではずっと雨の予報だった。しかし当日の天気は、6月上旬とは思えないほどの快晴で暑いくらいだった。個人的に天気には恵まれる体質、いわゆる晴れ男の自負あり。
 駄カメラと言うのは3,000円以下で購入したフィルムカメラと定義しているらしく、今回はRICHO 500GSにて参加。
 今回は以下二つのテストもかねてみた。

ライトリーク(光漏れ)がひどいので、モルトを貼って見た。
2.
50mmのレンズフードをつけてケラれないか。(500GSは40mm)




ファインダー部分からのライトリークと予測


手作業でモルトを貼って見た。どこまで効果があるのか。あるいはここが原因なのかも未確定。
→(現像後追記)まだライトリークは残るものの大幅に改善した。このことから、①原因ははやりファインダーでモルトをしっかりとすると防げる。②まだ他の原因でもライトリークしている。と考えられる。ただ、この程度のライトリークなら許せるのでこのまま放置することにした。


ボートレース in 尼崎競艇場

 尼崎競艇場へボートレースの撮影へ。
 お昼過ぎからゆっくりのペースで全11レース中、7、8、9、10の4レースを鑑賞(撮影)。最終は11レースだけど、最後まで待つと電車も混むだろうと言うことで、10レースで退陣。
 8〜10レースは、日付(6月2日)にちなんで、2-6,6-2の舟券を買う。すべて外れた。どうやら内側(1〜3あたり)が有利(連に絡みやすい)ようだ。
 それはさておき、目的の撮影は難しかった。何より、生まれて初めての競艇場なので勝手がわからない。どっから出てきてどこを走るのかすらわからない。コーナーでは、ボートがどのように流れる(ターン)するのかもわからない。ひとつのレースを鑑賞して、だいたいのコースがわかっても、今度は厳密にどの辺りを撮るといいのかもわからない。
 とりあえず、今回は調査も兼ねてということでまったりと撮影。

 グレードのレースが無い土曜日ということもあって、かなり空いているので撮影にはいいかもしれない。
 ただ、天候に恵まれて、逆に流し撮りが難しい状況だったので、次回は忘れずにNDフィルターを持って行こうと思った次第。