日常・日記」カテゴリーアーカイブ

どうでも良いこと。日常のちょっとしたこと。

タバコは辞められても酒は辞められ無い

確かに・・・orz
幾度となく、禁酒どころか量を減らす、あるいは飲む日を減らそうと心に誓うが、その度に挫折。
もう、すでに無理だと言う悟りの境地に達している。
20年ほど(1日に1箱から2箱程度)吸っていたタバコはあっさりと「今日から吸わない。」って決めてすっぱり辞められたのに・・・。

強い意志だけでは「減酒」は達成できない?
2018年2月21日

 今年こそは酒量を減らそう--。新年の抱負として、そう心に決めたときの気持ちに偽りはなかったとしても、それだけでは実際に酒量を減らすことにはつながらないようだ。

 飲酒習慣に問題のある英国の成人約3000人を対象とした研究から、飲酒量を減らしたいという「減酒」の意欲があっても、その後の飲酒量の減少には結びついていないのが実態であることが分かったという。詳細は「Addiction」1月25日オンライン版に掲載された。

 この研究を実施したのは、英ブリストル大学のFrank de Vocht氏ら。英イングランド地方で16歳以上の男女を対象に実施されている調査に回答した飲酒者のうち、飲酒量が標準量をやや上回るレベルから、アルコール依存症の疑いがあるレベルまでを含む、高リスク飲酒者計2928人のデータを分析した。

 飲酒量は「アルコール使用障害特定テスト(AUDIT)」の質問票を用いて、初回調査時とその6カ月後の電話調査時に評価した。減酒の意欲の程度はMRAC(Motivation to Reduce Alcohol Consumption)と呼ばれる尺度によって評価した。また、2回目の調査時には、過去6カ月間に酒量を減らそうと試みた回数についても聞いた。

 その結果、初回調査時に約5人に1人が「酒量を減らしたい」と回答し、そうした減酒の意欲のある飲酒者では、意欲を示さなかった飲酒者と比べて2回目の調査時までに実際に減酒を試みた人の割合が高かった。

 しかし、全体の平均飲酒量は初回調査時と比べて2回目の調査時には減少していたにもかかわらず、初回調査時に減酒の意欲を示した飲酒者では、そのような意欲を示さなかった飲酒者と比べて、2回目の調査時の飲酒量はむしろ多いことが分かった。

 de Vocht氏は「酒量を減らそうと試みても、結局すぐに“いつものパターン”に戻ってしまうというのはよくある話だ。今回の研究結果はそれに当てはまる」と説明。今回の研究には関与していない米国薬物乱用常習センター(CASA)のLinda Richter氏も、これに同意を示した上で「飲酒行動のきっかけとなるのは生理的な要因だけでなく、社会的あるいは環境的な要因など多様だ。これらに対抗するには意欲や決意だけでなく、家族や友人のサポート、専門家のカウンセリングを含めた具体的な行動計画が必要だ」としている。

 今回の研究では対象者全体の平均飲酒量は減少していたが、この点についてRichter氏は「明確な原因は分からないが、研究に参加することで自分の飲酒量を意識するようになったことが影響しているのではないか」との見方を示している。

 なお、Richter氏は高リスク飲酒者が専門家に助けを求める前に試すとよい減酒の方法として「自分の飲酒量を記録する」「酒を飲みたい気持ちにさせる人や場所を避ける」「飲酒に代わる趣味や活動を見つける」といった米国立アルコール乱用・依存症研究所(NIAAA)が推奨する対策を紹介。

 ただし、状態が悪化する前に早めに専門家を頼ることも大切だと強調している。一方、前出のde Vocht氏は「意志の弱い人は友人や家族の協力を得たり、飲酒量を監視するスマートフォンのアプリを利用したりするのも有用だ」と助言している。

(HealthDay News 2018年1月30日)Copyright © 2018 HealthDay. All rights reserved.

長居植物園 ひまわりウィーク

1ヶ月半ぶりの長居植物園。
今年は7月中旬から8月上旬にかけて観測史上初の暑さに見舞われ、週末はほぼ引き籠り状態が続いた。
(今年の異常な暑さ比べると)少し暑さが和らいだのと、ひまわりウィークも明日で終わるので、長居植物園植物園へ。

<ライフガーデンのひまわり>

<駒繋ぎ[こまつなぎ]>

<長居植物園植物編へ向かう途中で桃ケ池公園明神に立ち寄り狛犬を撮影。>

Leica M3入院(オーバーホール)

2017年末に購入したLeica M3。
機嫌よく撮影。しかし、現像にだした写真の数枚に右側1/4ほどが黒くなる症状があった。
まぁ、テメェ(自分自身)の使い方が悪いんだろう程度に思っていた。
3本目のフィルムを現像をしてなんとなく共通点に気がついた。
どうやら高速(1000分の1秒)のシャッター速度で右側が黒く(or暗く)なる現象が出るようだ。
そこで、4本目のフィルムを犠牲にして、同じ条件で1000分の1秒、500分の1秒の2枚を何箇所かで撮影してみることにした。
仮説の通り、どれも1000分の1秒で右側1/4程度がほぼ真っ黒、500分の1秒で右端が若干暗くなっている。

写真のデータを篠原カメラさんに見てもらったところ、「直せる症状」とのこと。なので、そのまま入院(預け入れ)。
あの「カシュッ」って言うシャッター音が1ヶ月ほど聴けないのは寂しいけれど、篠原さん曰く「他も調子よくなりますよ。」とのことなので、それはそれで楽しみでもある。

国民の感覚の違いというかなんというか

かなり深刻な状態まで国内でウィルス感染が広がっているというのに、コンサートを強行するという。

>ファンを思うと勇気ある決断だが、それ以外の人々にとってみれば迷惑としかいいようがない。

日本なら本当にファンのことを思えば中止なんだけれど、韓国では他人に迷惑がかかろうが何だろうが、自分(ファン)さえ楽しめれば良いのであって、それをしないのはファンをないがしろにしているという事なのか。

コンサート決行!感染予防を徹底するが…不安!

2015/06/13 10:00

東方神起が今週末、MERS渦中のソウルでコンサート決行を発表した。

MERS(中東呼吸器症候群)患者が続々と増え続ける韓国。パク・クネ大統領も深刻な事態を憂慮し、今週末に予定されていた訪米を中止したほど。その脅威は韓国芸能界にも広がっている。

韓国芸能界の様子を見てみると、状況は予想以上に悲惨な様相を呈していた。音楽番組など多くの観客が集まる公開録画は中止され、芸能人の営業先であるイベント行事などは次々と中止や無期限延期に。コンサートは中止され、映画も公開日を延期するなど、MERSの影響で災難続きとなっている韓国芸能界。

「芸能人としては死活問題です」と嘆くのは韓国芸能事務所関係者。特に、ドル箱である中国での活動が制限されており、収入面に大きく関わるという。
13日から始まる上海国際映画祭から自粛要請を求められていたチャン・ドンゴンとソ・ジソプが不参加を表明。他にも、中国での活動を自粛要請されている韓流スターが多くいるという。

そんな中、韓国のファンだけに留まらず、日本や中国のファンを多く抱える東方神起が今週末、MERS渦中のソウルでコンサート決行を発表した。ファンを思うと勇気ある決断だが、それ以外の人々にとってみれば迷惑としかいいようがない。

会場では消毒液を散布したり、熱探知機で異常がある人を検出するというだが、限界があるのではないだろうか。ユンホ入隊直前のコンサートのため、多くの日本人が強行渡韓するはずだが、果たして、来週の日本はどうなっているのか。不安でならない。

THE FACT JAPAN|中西美穂
http://www.koari.net/news/detail.php?id=5381&type=0&category=0

千疋屋総本店のフルートジェリー

  

いただき物。すごく濃厚な味でとてもおいしい。
さすが千疋屋総本店。

それはそうと、裏面の商品名の記載がフルーツゼリーじゃなくて「フルートジェリー」。
むしろカタカナで変に気取るくらいなら、いっそ元の言語の文字で書いた方が良いような気がする。

第13回 大阪タイフェスティバル 2015

    
到着そうそうまずは腹ごしらえ。
と言うことで、上記の写真を屋台の上に展示してあるお店の列に並ぶ。
写真の通り「カオマンガイ」を注文。500円。

もちろん、お祭りだし屋台なので写真どおりのものは出てこないことは承知している。
クオリティだって屋台レベルなことは承知している。
ましてや500円なんだし、あまり期待はしていない。

で、現物写真。

 
ギャップが大きいわ。
ネタとしては安い買い物かも知れない…。


その他のタイフェスティバル風景。

   

  

  

  

  


まとめ買いしたグリーンカレーペーストと粉末ココナッツミルク。
安い。