• 台湾

    台北(烏来[うーらい])旅行記録(2018/04/13-15) 出発〜烏来トロッコまで

    • 今回最初のミッション:X線検査にフィルムを通さない。(往路:関西国際空港)
      「行きはヨイヨイ、帰りは怖い。」と言うことで、行きは日本語が通じるので余裕でクリア。
      手荷物検査場で「カメラのフィルムなので、X線を通さずに、手検査でお願いします。」と言うと即答で「わかりました。」と言っていただき対応してくれました。

    • 小呉牛肉麺(小吃)
      桃園国際空港に到着したのが10時半ごろ、それからsimを借りたりしていて、台北駅についたのが12時ごろ。日差しはきつかった。
      まずは腹ごしらえに入ったお店。乾麺が45元(約170円)。水餃子が50元(190円)。台湾ビールが30元(110円)。観光地の有名どころもいいけれど、恐ろしくコスパの良いこういうお店も外せない。
       なお、猪肉は豚肉のこと。また餃子と言えば、水餃子が一般的。

      [魯肉乾麺(卤肉干面)]

      [猪肉水餃]

    • 西門町紅楼
      ここしばらくの訪問でずっと改装中だった紅楼がオープンしていた。中には何故か入らなかった。

    • 「台北 → 烏来」のバス停(臺北車站(公園))
      西門町で腹ごしらえと、紅楼を軽く見た後は、とりあえず今回の目的地の烏来へ移動することに。
       西門町駅から台北駅へ戻り、M8出口を出て少し南下(二二八和平公園の方)へ進むとバス停がある。そこで849と書かれたバスをひたすら待つ。タイミングが悪かったのか、20分ほど待つ(時刻表には平日は
      15−20分に1本と記載されている)。
       ネットで調べたら「臺北車站(青島)」のバス停を勧めているサイトが多かった。M8出口から出たら、「臺北車站(公園)」のバス停も距離はさほど変わらないので、こちらまで歩いた方がおすすめである。
       どちらのバス停でもこの段階ではそれほど混まないので座れると思う。しかし、せっかくなら一番前の席で景色も楽しみたい。特に私の乗ったバスは2列目以降の座席のガラスにはスモークが貼ってあり、外がほとんど見えない状態であった。なので、前述のとおり(公園)側がお勧めのバス停となる。
       他のサイトでも紹介されている通り、新店駅からだと座席が埋まっていて座れない。ここからがハードな山道なので、バスに乗り慣れていない日本人には立って、この山道を超えるのは辛いと思う。
       そして、バスに揺られること1時間半で烏来に到着。
    • 烏来観光トロッコ(料金:50元)
      2015年に台風の被害に合い昨年(2017年)8月26日に運行を再開したトロッコ。
      思ったより乗りごごちは良かった。もっともっとガタガタ揺れてスリリングかとおもったらそうでもなかった。片道約6分。
      無駄にもう一往復くらいしても良かった。と、帰国してから思う。
    • 烏来瀑布
      残念ながら、瀑布感はまったくなかった。時期によっては水量が違うのかもしれない。

  • 台湾

    台湾旅行.猴硐猫村

    ○瑞芳駅
    iPhone SEを購入する。と言うこと以外はノープランだったので、思いつきで「今日は十分にでも行ってみるか。」となる。
    まずは台湾鉄路(電車)に乗って、瑞芳駅へ。




    ○平渓線・猴硐猫村(hóu tòng)
    十分にまっすぐ行くなら、(一旦、改札はでるけれど)そのまま瑞芳駅で乗り換えてて十分駅に行くところだけれど、電車が遅れたために1時間に一本の平渓線に乗れず。よって、タクシーを拾って一駅横にある猴硐の猴硐猫猫村へ。タクシー代は200元(瑞芳駅→猴硐駅)。

  • 台湾

    台湾旅行.出発

    第1日目

    ○貧乏旅行:出発:台湾台北へ:Peachの出発は第2ターミナルから。

    まずは無事に関西国際空港へ着いた。
    日本時間16時出発。現地時間18時頃到着予定なので、今日はチェックインしたら夜市に行って、少し街をぶらぶらする程度かな?

    ○自動チェックイン
    ピーチからあらかじめ送れれてきたメールに2次元コード(QRコード)をかざすと簡単にチェックインできる。
    荷物はいつものように預けないので、そのまま出国カウンターへ。

    ○遅延。機材
    16:00出発なので2時間前にチェックイン。14:40の時点で「機材が遅れているため17:40出発予定に変更」とのこと。しかも一番乗り。
    さぁ、あと3時間、どうする?

    ○ビールを求める。ビールでも飲むかと決断するも。
    以前は、入国処理後の待合室にあるコンビニで缶ビールが売られていた。今もコンビニはあるがアルコールは一切販売されていない。代わりに飲食店が入っていて、そこではビールが売られている。けど、一杯690円。ピーチの機内食販売はアサヒのスーパードライが350mlで500円。免税店で日本酒を買うというのもありだが、気分的に日本酒ではない。
    つまり手荷物検査以降はビールは売っていないので、我慢するか、飲食店でジョッキを飲むか、機内で買うか。

    ○出発!
    どうにかこうにか2時間遅れで出発!
    もう夜市も諦めて今日は泊まるだけだな。っと諦めた。まぁいいや。

    ○やっとついた。2時間遅れ。
    何やらかんやらで18時に到着の予定が20時に着陸。
    換金レートは3.877円/NTD。(手数料は別途30NTD)
    台灣大哥大でsimカードを借りた。

    ○MRT空港線
    桃園国際空港からMRTが通じて初乗車。台北駅から乗り換えで北門駅へと通じている。

  • 台湾,  外出

    台灣旅遊 第四天(最後的一天)

    20131211-212802.jpg

    20131211-212808.jpg

    20131211-212816.jpg

    20131211-212822.jpg
    今日はついに帰国。
    13:05にホテル出発なので、今日も台湾早點(台湾の朝飯)に挑戦。
    電車に乗って、永和豆漿へ。鹹豆漿,油條(揚げパンみたいなの),起司蛋餅(たまごの薄焼きっぽいの)を注文。
    地元人で朝から賑わっていた。全部で70元(日本円で250円くらい)。

    20131211-214129.jpg

    20131211-214136.jpg

    20131211-213803.jpg

    20131211-213814.jpg

    20131211-213826.jpg

    20131211-213836.jpg
    その足で、ホームグラウンド?の西門へ。
    紅樓でジオキャッシュ探し。昨年は見つけられなかったけれど、今年は無事に発見找到了!。
    そして、阿宗麵線へ。地元人は辛い薬味をガンガン入れている。日本人には無理だ。
    独特の味で美味しい。自分へのお土産にチリソース120元も購入。

    20131211-215719.jpg
    なんだかんだとしていたら、戻らなくてはならない時間になったので、ホテルへ。
    時間は50分前の12:15に着き、ホテルの目の前の弁当屋さんが賑わっていたので、そこで昼食に。
    排骨便當85元,招牌便當(おすすめ弁当)80元。
    スープは無料で飲み放題。ヤクルト(みたいなの)もついてくる。

    20131211-221058.jpg
    最近は空港にUSB充電器が設置してあって便利。

    さて、堪能したし、帰ろう。
    次はHSK4級に合格したら、台湾周遊ツアーで来よう。

  • 台湾,  外出

    台湾旅游 第三天

    20131210-075255.jpg

    20131210-075302.jpg
    ホテルに朝食は付いているけれど、折角なので台湾の屋台みたいな朝食も楽しみたいと外へ。

    サンドイッチみたいなのが11元なので40円程度。
    そういや去年に来た時に言われていたけれど、台湾は何も言わないとコーヒーに砂糖は必ず入っているんだった。すごい甘いコーヒー。サンドイッチが11元なのに、コーヒー25元っていうのが、日本と微妙に感覚が違う。
    それと、なんか揚げたての、パンみたいなのがあったので「这个这个(これこれ)」って感じで買って見たのだが、どうやら具も購入してクレープみたいにして食べるものらしい。
    言うなれば、クレープの皮だけ買って、テラ笑顔で食ってる変な外国人だったorz。

    20131210-150200.jpg

    20131210-150207.jpg

    20131210-150223.jpg
    臨江街夜市へ朝一に行ってみる。
    朝は朝で食材とかが売っていて賑わっている。
    すごいのはこの人混みにバイクが何台も行き来していること。日本、ことさら大阪なら絶対にあちこちで喧嘩になっていると思う。

    20131210-150616.jpg

    20131210-150629.jpg

    20131210-150637.jpg

    20131210-150646.jpg
    そして、ちょっと早い昼食に、明月湯包で小籠包と鶏スープ。ボリュームがあるし美味しかったけど、けどちょっと割高目?。

    20131210-195918.jpg

    20131210-195912.jpg

    20131210-195923.jpg

    20131210-204022.jpg
    それから、昨日に来てしまい、お休みだった、猫空に来たわけだが、猫つながりで日本の某キャラクターグッツ会社とコラボレーションをしていて、ゴンドラのペイントや内装も、その山梨の会社のキャラクターになっていた。至る所に、某キャラクターが描かれている。
    そして猫空に到着して、茶店に入っら、これがまた本格的な台湾茶芸な店で、当然作法も何もわからず。
    身振り手振りを合わせて店員さんに飲み方を聞きつつどうにか楽しんだ。
    お店自体はとても落ち着いた雰囲気でゆっくり休憩ができた。

    20131210-204348.jpg

    20131210-204426.jpg
    夜は台灣車站に戻って、ブラブラと散策。
    帰りに、臺鐵便當(台鉄弁当)を買う。60元、日本円で200円程度。
    コンビニで台灣啤酒を買って帰り、ホテルで晩御飯。

  • 台湾

    台湾旅游 第二天

    20131209-120833.jpg
    さて、今日は猫空にでも行ってみようかと、ポツポツ地下鉄まで歩き、無事に悠游卡も窓口で購入できた。
    最後はジェスチャーで乗り切った感は否めないが。

    20131209-121240.jpg

    20131209-121258.jpg
    MRTで動物園駅に着いて、ここから缆车(観覧車)に乗るわけだが、なんと月曜定休日!
    Damn it!って英語圏人なら言いそうだ。
    仕方ないから、今日の目的地を淡水に変更。

    20131209-121628.jpg
    小籠包も折角なので食べたかったので、蘇抗点心店へ。小籠包8個と麦酒と揚げ春巻き3本で240元。500円くらい。去年のレートならもっと安かったんだろうけれど。
    日本語も比較的大丈夫だった。

    20131209-122542.jpg

    20131209-122615.jpg
    日本はもちろん世界で活躍するリン・チーリン(林志玲)もテイクアウトするとかしないとかの魯肉飯。まぁ多分本人は直接こないだろうけれど。
    しかし、鲁肉饭(小)は25元(本日レートで87円くらい)でお安くうまい。
    隠し味がカレーとのこと。
    日本語は厳しいけれど、オーダー表に注文を記入するスタイルなので問題なし。

    20131209-200522.jpg

    20131209-200536.jpg
    そして淡水に移動。
    ガイド本は必要なページをちぎって(破って)持ち歩くので、当初の予定が猫空だったため、ガイド本無し。
    すごい賑わっていた。
    あと、何処の街にも(日本的に言うと)漢方薬屋があるよね。

    20131209-204606.jpg

    20131209-204810.jpg
    とりあえず、少し疲れたので、近くの珈琲館へ入って休憩。
    83号珈琲(83號咖啡)というお店。
    「黑糖咖啡餅」が珈琲の茶菓として出てきたけど、意外に美味しいので大袋で購入。もちろん、コーヒーも美味しく70元。
    あと、店員さんにつたない漢語で老店淡水魚丸の場所を聞いたら、凄く丁寧に教えてくれた。何度も聞き直したのに、いやな顔一つせず対応してくれました。また来ることがあれば必ず寄りたい。

    20131209-205740.jpg

    20131209-205751.jpg

    20131209-210408.jpg

    20131209-210136.jpg

    ついで、老店淡水魚丸が確認できたところで、フェリーに乗ると淡水の端っこ、漁人碼頭まで行けるらしいということで、とりあえず乗って見た。
    あいくにくの曇り空だけど、天気が良ければもっと綺麗なんだろうなぁっとか思う。
    町並みを散策して、再び淡水老街へ。

    20131209-213112.jpg

    20131209-213131.jpg

    20131209-213142.jpg

    20131209-213830.jpg
    戻ってきて、ちょうど小腹も空いてきたので、目的の淡水魚丸湯を食べにお店へ。
    淡水魚丸湯(35元)も美味しいけれど、意外にわずか10元の包子(肉まん)もしいたけ入りで美味しい。店員さんにお勧めされた淡水阿給(油揚げ)はイマイチだった(^^;;。

    20131209-214131.jpg

    20131209-214153.jpg
    若干の曇り空の中、淡水の夜景を見ながら、酸梅湯を食後のデザートに。梅好きなら外せない一品。これも30元でかなりの量。

    20131209-214437.jpg
    なぜか、ガイドブックなどは遠方扱いになっているけれど、夜市も月曜日から賑わっていて、台北駅からも淡水線一本で来られるので、結構良い観光地だと思う。

  • 外出

    台湾旅游 第一天

    20131208-072046.jpg
    0633 浅間町出発。前日は8時くらいには寝たとは言え、眠たい。


    20131208-081630.jpg
    女性陣がテラ笑顔で入っていくスペース。


    20131208-202128.jpg
    14時過ぎにHotelに着いたが、チェックイン可能な時間が15時なのでまずは近所のショッピングモールをぶらり歩き。


    20131208-202405.jpg

    20131208-202414.jpg
    そして台湾と言えば芒果(マンゴー)。そんなわけで、無料バスも利用しつつMango ChaChaへ。
    とりあえず一番人気だと言うメニューを注文。
    でかいわ。でもまぁ嫌味な甘さではないので嫁と二人で軽く完食。


    20131208-202827.jpg

    20131208-202837.jpg

    20131208-202912.jpg
    そして、火鍋屋へ。
    結論:嫁と二人では火鍋は向かない。
    基本、二人とも少食だし、自分は酒を楽しみたい方なので、少し具材を頼んだだけで食べきれない。吃不下了,肚子吃得鼓鼓的。って感じ。
    安くて美味しいと思うので、大人数なら良いかなぁ。
    あと、この店は日本語メニューはあるが、スタッフは全くもって片言すら日本語が通じない上に、英語もほぼダメなので、「気合とジェスチャー」に自信がないと難しいかもしれない。
    注文くらいは片言の汉语で乗り切れるけれど、食べ方とか細かい事を言われると全くもってわからない。


    20131208-203747.jpg
    そして、若干食べ過ぎ気味な感を感じつつ、帰りはポツポツ台北101でも見ながらホテルへ。

    初日から疲れた。

  • 戯言・由無し事

    准备好了。

    20131116-180119.jpg

    来月8日から3泊4日で台湾旅行の予定。

    まだまだ発音が通じないこともあるので、言いそうな事は事前に書き出しておいて、最悪通じない時はこのノートを見せる。(なんか簡体字と繁体字が入り混じっているけど、まぁいいや。)

    特に甲殻類アレルギーはちゃんと伝えとかないと、楽しい旅行が一転してえらいことになるからなぁ。