• 漢方関係

    023.桂枝麻黄各半湯

    23、太阳病,得之八九日,如疟状,发热恶寒,热多寒少,其人不呕,清便欲自可,一日二三度发。脉微缓者,为欲愈也;脉微而恶寒者,此阴阳俱虚,不可更发汗、更下、更吐也;面色反有热色[注]者,未欲解也,其不能得小汗出,身必痒,宜桂枝麻黄各半汤。

    太阳病,已经得了八九天,病人发热怕冷,发热的时间较长,怕冷的时间较短,一天发作二三次,好象疟疾一样,病人不呕吐,大小便正常,这是邪气郁滞在表的表现。
    此时,如果脉象渐趋调匀和缓的,是邪气去、正气复的症象,疾病将要痊愈。
    如果脉象微弱而怕冷的,这是表里阳气均虚,可能系误用汗、吐、下所致,因此,就不能再用发汗、攻下、涌吐的方法治疗了。
    如果面部反而出现红色的,表明邪气仍郁滞在肌表未能解除,病人皮肤还一定有搔痒的症状,适宜用桂枝麻黄各半汤治疗。


    太陽病ですでに8、9日が過ぎて、病人が発熱し寒気がして、発熱の時間が比較的長く、寒気を感じる時間が短く、日に2、3度マラリアの様な発作があり、嘔吐はせず、大小便が正常なら、邪気が鬱滞しているということである。
    この時、脈が落ち着きだし缓脈となってくれば、邪気が出て、正気が戻っている症候で、病気は間も無く全快する。
    もし、脈が微弱で寒気がするなら、表裏の陽気が共に虚しているので、発汗、吐瀉、瀉下させてはならない。
    もし、顔つきが反して紅潮し、邪気の邪気が体表にまだ鬱滞しつづけているなら、皮膚が痒くなる症状が必ず現れ、桂麻各半湯(桂枝麻黄各半湯)を用いるのが適している。


    清便欲自可:谓大小便趋于正常。
    脉微缓:脉象和缓。
    阴阳俱虚:指表里俱虚。
    热色:红色。
    发作fāzuò(症状や作用が)突発的に起こる.
    疟疾nüèji⦅医学⦆マラリア.
    此时cǐshíこのとき.
    渐(漸)jiàn 次第に.少しずつ.だんだんと.
    趋(趨)qū物事がある方向に発展する.ある方向に傾く.
    调匀tiáoyún過不足ない.むらがない.
    将要jiāngyào間もなく…する
    因此yīncǐだから.そのために.これによって.


    桂枝麻黄各半汤方
    桂枝一两十六铢,去皮,芍药,生姜,切,甘草,炙,麻黄,各一两,去节,大枣四枚,擘,杏仁二十四枚,汤浸,去皮尖及两仁者,上七味,以水五升,先煮麻黄一二沸,去上沫,内诸药,煮取一升八合,去滓,温服六合。本云,桂枝汤三合,麻黄汤三合,并为六合,顿服。将息如上法。

    二沸,除去上面的白沫,再加入其余各药,煎煮成一升八合,去掉药渣,每次温服六合。旧本说:取桂枝汤三合,麻黄汤三合,合为六合,一次服完。调养护理方法同前。

  • 漢方関係

    022.桂枝去芍薬加附子湯

    22、若微寒者,桂枝去芍药加附子汤主之。

    如果误下后出现胸部满闷、脉微、畏风寒较重的,用桂枝去芍药加附子汤主治。


    もし、誤って瀉下させた後、胸部に張ってうっとおしい感じ(胸脇苦満)がして、脈が衰えて(微)、畏風がして寒が比較的強い場合は、桂枝去芍薬加附子湯を用いる。



    桂枝去芍药加附子汤方
    桂枝三两,去皮,甘草二两,炙,生姜三两,切,大枣十二枚,擘,附子一枚,炮,去皮,破八片,上五味,以水七升,煮取三升,去滓,温服一升。本云,桂枝汤今去芍药加附子。将息如前法。

    桂枝三两,去皮,甘草二两,炙,生姜三两,切片,大枣十二枚,剖开,附子一枚,炮制,去皮,破成八片,以上五味药,用水七升,煎煮成三升,去掉药渣,每次温服一升。旧本说:现用桂枝汤去掉芍药加入附子,其调养护理方法同前。

  • 漢方関係

    021.桂枝去芍薬湯

    21、太阳病,下之后,脉促(一作纵)胸满者,桂枝去芍药汤主之。

    太阳病,误用攻下之后,出现脉象急促、短促,胸部胀闷的,用桂枝去芍药汤主治。


    太陽病で、誤って瀉下させた後、脈が急促(せわしない)し短促(切迫)して、胸部が張ってうっとおしい症状がでたら、桂枝去芍薬湯を用いる。


    脉促:脉急促、短促。
    急促jícù(呼吸や音が)せわしない.
    短促duǎncù(時間が)たいそう短い.切迫している.


    桂枝去芍药汤方
    桂枝三两,去皮,甘草二两,炙,生姜三两,切,大枣十二枚,擘,上四味,以水七升,煮取三升,去滓,温服一升。本云,桂枝汤今去芍药。将息如前法。

    桂枝三两,去皮,甘草二两,炙,生姜三两,切片,大枣,十二枚,剖开,以上四味药,用水七升,煎煮成三升,去药渣,每次温服一升。旧本说:现用桂枝汤去掉芍药,调养护理方法同前。

  • 漢方関係

    020.桂枝加附子湯の証

    20、太阳病,发汗,遂漏不止,其人恶风,小便难,四肢微急,难以屈伸者,桂枝加附子汤主之。

    太阳病,发汗太过,导致汗出淋漓不止、病人怕冷、小便短小、四肢微感拘急疼痛、屈伸困难,如果头痛、发热等表证仍然存在的,用桂枝加附子汤主治。


    太陽病で、汗がで過ぎて、ダラダラと汗が止まらない状態で、寒気がして、おしっこがあまりでず、四肢が軽く痛み強ばり、屈伸がしづらく、頭痛や、発熱などの表証が依然のとしてあるのは、桂枝加附子湯を用いて治療する。


    漏:汗出淋漓不止。
    淋漓línlíぽたぽたと滴るようす.
    导致dǎozhì引き起こす.招く.
    仍然réngrán相変わらず.元どおりに.


    桂枝加附子汤方
    桂枝三两,去皮,芍药三两,甘草三两,炙,生姜三两,切,大枣十二枚,擘,附子一枚,炮,去皮,破八片,上六味,以水七升,煮取三升,去滓,温服一升。本云,桂枝汤今加附子。将息如前法。


    桂枝三两,去皮,芍药三两,甘草三两,炙,生姜三两,切片,大枣十二枚,剖开,附子一枚,炮制,去皮破成八片,以上六味药,加水七升,煎煮成三升,去掉药渣,每次温服一升。旧本说:现用桂枝汤加入附子,其调养护理的方法同前。

  • 漢方関係

    019.内部に熱のある人が桂枝湯を服用したら。

    19、凡服桂枝汤吐者,其后必吐脓血也。

    凡是内热炽盛的病人,如果服用桂枝汤而发生呕吐的,以后可能会出现吐脓血的变证。


    押し並べて内部の熱の盛んな病人がもし桂枝湯を服用したら、吐き気をもよおし、その後、膿血(膿と血の混合)を吐くかもしれない。


    凡是fánshìおよそ.おしなべて.すべて.
    炽盛chìshèng勢い盛んだ.
    脓血(膿血),脓和血的混合物。

  • 漢方関係

    018.喘息持ちの太陽病中風には桂枝湯に厚朴とアンズを加える。

    18、喘家,作桂枝汤,加厚朴杏子佳。

    宿有喘疾的病人,患了太阳中风证,引动喘疾发作的,用桂枝汤加厚朴、杏子治疗最好。


    喘息持ちの人が太陽病中風証になって、喘息を引き起こしたら、桂枝湯に厚朴と杏子を加えて治療するのが良い。


    喘家:素有喘病的人。
    宿sù以前から持ち続けている
    最好zuìhǎo…に越したことはない.…するのが一番いい
    引动yǐndòng(感情を)引き起こす.触発する.

  • 漢方関係

    017.飲んべェに桂枝湯はダメ。

    17、若酒客病,不可与桂枝汤,得之则呕,以酒客不喜甘故也。

    平素嗜酒的人,如果患了太阳中风证,不当用桂枝汤治疗,如果服用了桂枝汤,就会出现呕吐,这是因为嗜酒的人多湿热内蕴,而桂枝汤是辛甘温之剂,用后更助热留湿的缘故。


    日頃お酒を嗜む人がもし太陽病中風証になったら、桂枝湯を用いてはならない。もし桂枝湯を服用したら、吐き気をもよおす。
    酒飲みは湿熱を内部に含んでいるからで、桂枝湯は辛甘の薬であるので、用いるとさらに熱を助け湿を留めるからである。


    酒客:嗜酒之人。
    平素píngsù平素.日頃.
    素常sùchángふだん.平素.
    平常píngchángふだん./ふつうだ.ありふれている.
    平时píngshíいつも.ふだん.
    往常wǎngcháng日ごろ.
    嗜shì好む.
    蕴(藴)yùn含む.

  • 漢方関係

    016.桂枝湯の禁忌

    16、太阳病三日,已发汗,若吐、若下、若温针,仍不解者,此为坏病,桂枝不中与之也。观其脉证,知犯何逆,随证治之。桂枝本为解肌,若其人脉浮紧,发热汗不出者,不可与之也。常须识此,勿令误也。

    太阳病第三天,已经用了发汗的方法,或者用了吐法,或者用了攻下法,或者用了温针的方法,病情仍然不解除的,这就是坏病,桂枝汤已不再适用。
    对于坏病,应该详细诊察其脉象、症状,了解使用了何种错误治法及演变为何种病症,因证立法,随证治疗。
    桂枝汤本来是解肌和营的方剂,适用于太阳中风证。
    如果病人脉象浮紧、发热、汗不出的,属太阳伤寒证,不可用桂枝汤治疗。
    医者务须经常记住这一点,千万不要发生错误。


    太陽病の三日目で、すでに発汗、吐法、瀉下法あるいは温針を用いて、なおも病状が良くならないは、壊病(誤治あるいは悪化)であり、桂枝湯はすでに適用しない。
    壊病には、詳細にその脈証、病状をよく調べどう誤治しどう病症が変化したか、証によって治療方法を立て治療する必要がある。
    桂枝湯は本来解肌和栄の方剤であり、適応は太陽病中風証である。
    もし、病人の脈証が浮で緊、発熱、汗が出ないのであれば、それは太陽病傷寒の証なので、桂枝湯で治療するすべきでない。
    医者は必ず、常にこの点を覚えておき、くれぐれも誤診をしないように。


    仍然réngrán相変わらず.元どおりに.
    坏病:误治或自身恶化,病情变坏,难以以六经正其名者。
    难以nányǐ…するのが難しい.
    桂枝:指桂枝汤。
    不中:不当。
    识:通讠志,记住的意思。
    务须wùxūかならず.ぜひとも.
    千万qiānwànくれぐれも.

  • 漢方関係

    015.太陽病で謝って瀉下薬を使った時

    15、太阳病,下之后,其气上冲者,可与桂枝汤,方用前法。若不上冲者,不得与之。

    太阳病,误用了泻下药之后,病人自觉胸中有气逆上冲感觉的,可以用桂枝汤治疗,服药方法同前。如果误下后没有气逆上冲感觉的,则不能用桂枝汤治疗。


    太陽病で、誤って瀉下薬を用いた後、胸中に気が逆に上衝してくる感覚があるのは、桂枝湯を用いて治療でき、服用の仕方は前述の通り。
    もし、誤って瀉下させた後、気が上衝してくる感覚がない時は、桂枝湯は用いることはできない。


  • 漢方関係

    014.桂枝加葛根湯の主治

    14、太阳病,项背强几几,反汗出恶风者,桂枝加葛根汤主之。

    太阳病,项背部拘紧不柔和、俯仰不能自如,本应当无汗,反而出现汗出、怕风等太阳中风证的,用桂枝加葛根汤主治。


    太陽病で、うなじや背部が硬く張って緊張し、うつむいたり顔を上げたりができず、本来は汗が出ないはずだが、むしろ汗が出て、風を嫌うなどの太陽病中風証のものは、桂枝加葛根湯を用いる。


    几几:音紧紧(jin jin),紧固拘急不柔和貌。
    俯仰fǔyǎngうつむくことと顔を上げること.一挙一動.


    桂枝加葛根汤方
    葛根四两,麻黄三两,去节,芍药二两,生姜三两,切,甘草二两,炙,大枣十二枚,擘,桂枝二两,去皮,上七味,以水一斗,先煮麻黄、葛根,减二升,去上沫,内诸药,煮取三升,去滓。温服一升,覆取微似汗,不须啜粥,余如桂枝法将息及禁忌。

    葛根煎煮,煮去水分二升,除去上面的白沫,再加入其它药物,共煎煮成三升,去掉药渣,每次温服一升。服药后复盖棉被取暖保温以助发汗,使病人遍身微微汗出为度。除服药后不需喝热粥外,其余的调养护理方法及服药禁忌均同桂枝汤。