• 漢方関係

    030.桂枝湯の症候

    30、问曰:症象阳旦,按法治之而增剧,厥逆,咽中干,两胫拘急而谵语。师曰:言夜半手足当温,两脚当伸,后如师言,何以知此?答曰:寸口脉浮而大,浮为风,大为虚,风则生微热,虚则两胫挛,病形象桂枝,因加附子参其间,增桂令汗出,附子温经,亡阳故也。厥逆咽中干,烦躁,阳明内结,谵语烦乱,更饮甘草干姜汤,夜半阳气还,两足当热,胫尚微拘急,重与芍药甘草汤,尔乃胫伸,以承气汤微溏,则止其谵语,故知病可愈。

    问:病人的症状象桂枝汤证,按照桂枝汤证的治法进行治疗,结果反而使病情加剧,出现四肢冰冷、咽喉干燥、两小腿肌肉拘急疼痛,甚至出现谵语等症,老师预测到了病人半夜手足应当温暖,两腿应当舒展,后来病情发展果然如老师说的那样,怎么知道会这样呢?

    老师答:病人寸口脉搏浮而大,浮是感受风邪,大是虚的表现,感受风邪就会产生轻微发热,正气虚弱就会出现两小腿肌肉拘挛疼痛。
    症状虽然很象桂枝汤证,其实不是桂枝汤证,而是太阳中风兼阴阳两虚证。
    因此,在治疗上必须用桂枝汤加附子以温经发汗。
    但是医生却反而单用桂枝汤发汗,导致汗出亡阳,并兼阴液亏虚,从而出现四肢冰冷、咽喉干燥、烦躁等症状。
    治疗先给予甘草干姜汤,服药后阳气于半夜恢复,两腿就由厥冷转温暖,而两小腿肌肉拘挛疼痛尚未解除,于是再给予芍药甘草汤,服药后,阴液得复,则两脚就自由伸展了。
    如果误汗伤阴,导致阳明燥屎内结,就会出现谵语、心中烦乱不安等症,应当用承气汤攻下里实,服药后大便微见溏泻的,为燥屎得去,谵语等症就会停止,疾病即可以痊愈。


    問:病人の症状が桂枝湯証だったので、桂枝湯の治療に基づいて治療を行った結果、むしろ病状が前よりひどくなり、四肢が氷の様に冷たくなり、喉が乾き、両脚(ひざからくるぶしまでの部分)が痙攣して痛み、さらにうわ言などの症状がでた。先生が見通したのは、病人は夜中に手足が温かくあり、両足が伸びてきて、それから病状がよくなると先生の言った様になった。どうしてその様になると分かったのですか?

    先生の答え:寸口の脈が浮で大であり、脈浮は風邪の影響を受けていて、脈大は虚を表している。風邪の影響は軽微な発熱を産み、正気が弱り両足の痙攣疼痛が現れる。
    病状は桂枝湯に似ているが、実際には桂枝湯証ではなく、また太陽中風証と陰陽両虚証である。
    だから、治療においては桂枝湯加附子を用いて、経絡を温め発汗させる必要がある。
    しかし、医者がむしろ桂枝湯のみで発汗させたので、発汗を招き陽がなくなり、あわせて陰液不足も兼ね、従って、四肢の冷えがでて、喉が渇き、煩躁などの症状がでた。
    治療はまず甘草乾姜湯をあたえ、服薬後陽気が夜に回復し、両足の冷えが温かくなってくる。また両足の筋肉の痙攣と痛みがまだ取れないのであれば、再び芍薬甘草湯を与える。服薬後、陰液が戻れば両足は自由に屈伸できるようになる。
    もし、誤って傷寒で発汗させ、陰陽が虚し便が乾いた便秘を引き起こし、うわ言、イライラや不安などが現れる場合は、承気湯で下痢させ、服薬後少し軟便が見られるのは、乾いた便(燥屎)が去ったためで、うわ言がなどの症状もすぐに止み、疾病はすぐに治るだろう。


    阳旦:指阳旦汤证,即桂枝汤证。
    按照ànzhào従う.のっとる.\…に基づいて.…によって.
    进行jìnxíng行う.
    反而fǎn’ér反対に.かえって.むしろ逆に.
    加剧jiājù前よりひどくなる
    冰冷bīnglěng氷のように冷えきっている.
    干燥gānzào乾いている.
    小腿xiǎotuǐひざからくるぶしまでの部分.
    肌肉jīròu筋肉と皮膚.
    拘急:指四肢拘挛难以屈伸的症状。多由于风邪所致,也是神经系统疾病常见症状之一。
    甚至shènzhìさらには.甚だしくは.…さえも.
    谵语zhānyǔうわごとを言う.
    预测yùcè予測する.
    半夜bànyèひと夜の半分.\真夜中.
    果然guǒrán予想どおり.はたして.\仮定をあらわす.もし…ならば.
    脉搏màibó脈拍.
    感受gǎnshòu感じとる.影響を受ける.\体験から得た考え.体得.
    因此yīncǐだから.そのために.これによって.
    导致dǎozhì引き起こす.招く
    从而cóng’érしたがって.それによって.それゆえに.
    给予[与]jǐyǔ与える.
    尚未shàngwèiまだ…していない.
    燥屎内结:dry stool accumulating in the intestine

  • 漢方関係

    029.甘草乾姜湯、芍薬甘草湯、調胃承気湯、四逆湯

    29、伤寒脉浮,自汗出,小便数,心烦,微恶寒,脚挛急,反与桂枝欲攻其表,此误也。得之便厥,咽中干,烦躁,吐逆者,作甘草干姜汤与之,以复其阳;若厥愈足温者,更作芍药甘草汤与之,其脚即伸;若胃气不和,谵语者,少与调胃承气汤;若重发汗,复加烧针者,四逆汤主之。

    伤寒病,症见脉浮、自汗出、小便频数、心烦、轻微怕冷、两小腿肚拘急疼痛、难以屈伸的,是太阳中风兼阳虚阴亏证,治当扶阳解表,反而单用桂枝汤来解表,这是错误的治法。
    服药后就出现了四肢冰冷,咽喉干燥、烦躁不安、呕吐等症状,是误治导致阴阳两虚。
    治疗应该先给予甘草干姜汤,来复阳气,如果服了甘草干姜汤后四肢厥冷转愈而见两腿温暖的,说明阳气已复。
    然后,再给予芍药甘草汤来复阴,阴液恢复,病人两小腿肚拘急疼痛解除,两腿即可自由伸展。

    假如误汗伤津,致肠胃燥实而气机不调和,出现谵言妄语等见症的,可以少量调胃承气汤治疗。
    如果反复发汗,再加上用烧针强迫发汗,汗多亡阳,导致少阴阳衰的,应当用四逆汤主治。


    傷寒の病で、脈が浮(表面)、汗が出て、小便の回数が多く、イライラして、軽度の寒気があり、両ふくらはぎが張って痛みがあり、屈伸困難の症状があるのは、太陽病中風で陽が虚して、陰が不足している証で、陽を補い解表して治すが、桂枝湯を用いて解表するのは間違いである。
    桂枝湯を服薬後、四肢が冷え、喉がかわき、イライラと不安がし、吐き気などの症状が現れたら、誤治でによる陰陽両虚である。
    治療にはまず、甘草乾姜湯を与えるべきで、陽気が回復し、四肢の冷えが癒えるか両脚が暖かくなってきたら、陽気がすでに回復している。
    それから再び芍薬甘草湯を与え陽気を回復し、陰液を取り戻し、病人の両ふくらはぎの張りと痛みがとれ屈伸ができるようになる。
    もし、誤って汗を出し津液を傷つけ、胃腸が「燥実もしくは気機」し不調和で、うわ言などが見られる場合は、調胃承気湯を用いる。
    もし、反復して汗が出るなら、再び熱した針で発汗し、陽をなくし少し陰陽が衰えているので、四逆湯を用いる。


    频数pínshuò続けざまだ.よく起こる.
    轻微qīngwēi軽微な.程度の軽い.
    亏(虧)kuī不足する.\ 損をする.
    反而fǎn’ér反対に.かえって.むしろ逆に.
    来复láifù回復する.
    恢复huīfù回復する.取り戻す.
    假如jiǎrúもし…ならば.
    强迫qiǎngpò圧力をかけて従わせる.
    导致dǎozhì引き起こす.招く.


    甘草干姜汤方
    甘草四两,炙,干姜二两,上二味,以水三升,煮取一升五合,去滓,分温再服。

    甘草四两,炙,干姜二两,以上二味药,用水三升,煎至一升五合,去掉药渣,分二次温服。


    芍药甘草汤方
    白芍药,甘草,各四两,炙,上二味,以水三升,煮取一升五合,去滓,分温再服。

    白芍药,甘草,各四两,炙,以上二味药,加水三升煎煮,煮至一升五合,去操药渣,分二次温服。


    调胃承气汤方
    大黄四两,去皮,清酒洗,甘草二两,炙,芒消半升,上三味,以水三升,煮取一升,去滓,内芒消,更上火微煮令沸,少少温服之。

    甘草,煎煮成一升,去掉药渣,再加入芒硝,然后放在火上稍煮至开即成,每次温服少量。


    四逆汤方
    甘草二两,炙,干姜一两半,附子一枚,生用,去皮,破八片,上三味,以水三升,煮取一升二合,去滓,分温再服。强人可大附子一枚、干姜三两。

    甘草二两,炙,干姜一两半,附子一枚,用生的,去皮,破成八片,以上三味药,用水三升,煎煮成一升二合,去掉药渣,分两次温服。身体强壮的人可以用大的附子一枚,干姜三两。

  • 漢方関係

    028.桂枝去桂加茯苓白朮湯

    28、服桂枝汤,或下之,仍头项强痛,翕翕发热,无汗,心下满微痛,小便不利者,桂枝去桂加茯苓白术汤主之。

    服了桂枝汤,或使用了泻下法后,病人仍然头痛,项部拘急不柔和,象皮毛复盖身上一样发热,无汗,胃脘部胀满,微感疼痛,小便不通畅的,用桂枝去桂加茯苓白术汤主治。


    桂枝湯を服用するか、瀉下させた後、病人が変わらず、頭痛、うなじ部が張って硬く、象皮を被ったように発熱(象皮毛复盖身上一样发热)し、汗がなく、胃が張って、かるく疼痛がして小便の出が悪いものは、桂枝去桂加茯苓白朮湯を用いる。


    仍然réngrán相変わらず.元どおりに.


    桂枝去桂加茯苓白术汤方。
    芍药三两,甘草二两,炙,生姜,切,白术,茯苓,各三两,大枣十二枚,擘,上六味,以水八升,煮取三升,去滓,温服一升,小便利则愈。本云,桂枝汤今去桂枝,加茯苓、白术。

  • 漢方関係

    027.桂枝二越婢一湯

    27、太阳病,发热恶寒,热多寒少。脉微弱者,此无阳也,不可发汗。宜桂枝二越婢一汤。

    太阳病,发热怕冷,发热的时间长,怕冷的时间短,一天发作二三次,并见心烦、口渴的,为表郁兼内热之证,可用桂枝二越婢一汤治疗。如果病人脉象微弱的,这是阳气虚弱,不能用发汗法治疗。


    太陽病で発熱し、寒気がして、発熱の時間が長く寒気の時間が短く、一日2、3回発作し、同時にイライラと口の渇きが見られるのは、表鬱兼内熱の証で、桂枝二越婢一湯で治療する。もし、病人の脈が微弱なのは、陽気が虚弱なので、発汗させてはならない。



    桂枝二越婢一汤方
    桂枝,去皮,芍药,麻黄,甘草,各十八铢,炙,大枣四枚,擘,生姜一两二铢,切,石膏二十四铢,碎,绵裹,上七味,以水五升,煮麻黄一二沸,去上沫,内诸药,煮取二升,去滓,温服一升。本云,当裁为越婢汤、桂枝汤合之,饮一升。今合为一方,桂枝汤二分,越婢汤一分。

    桂枝汤的煎剂混合,每次温服一升。现将二方混合成一方,取桂枝汤二份药量,越婢汤一份药量。

  • 漢方関係

    026.白虎加人参湯

    26、服桂枝汤,大汗出后,大烦渴不解,脉洪大者,白虎加人参汤主之。

    太阳中风证,服了桂枝汤后,汗出得很多,病人出现心烦口渴很厉害、饮水不能缓解、脉象洪大的,这是邪传阳明,热盛而津伤,用白虎加人参汤主治。


    太陽病中風証で、桂枝湯を服用後、汗がとても出て、イライラと口の渇きが甚だしく、水を飲んでも喉のかわきが緩和ぜす、脈が洪大なのは、邪が陽明に伝わって、熱が盛んになり、津液が傷ついてるので、白虎加人参湯を用いて治す。


    心烦xīnfánいらいらしている.くさくさしている.
    缓解huǎnjiě(程度が)軽くなる.緩和する.
    洪大hóngdà(音などが)とても大きい.


    白虎加人参汤方
    知母六两,石膏一斤,碎,绵裹,甘草二两,炙,粳米六合人参三两上五味,以水一斗,煮米熟汤成,去滓,温服一升,日三服。

    知母六两,石膏一斤,打碎,用布包,甘草二两,炙,粳米六合,人参三两,以上五味药,加水一斗煎煮,待粳米煮熟,去掉药渣,每次温服一升,一天服三次。

  • 漢方関係

    025.桂枝二麻黄一湯

    25、服桂枝汤,大汗出,脉洪大者,与桂枝汤如前法。若形似疟,一日再发者,汗出必解,宜桂枝二麻黄一汤。

    服桂枝汤发汗,汗不遵法,出现大汗出、脉象洪大,而发热,畏寒,头痛等表证仍然存在的,为病仍在表,仍应给予桂枝汤治疗,服药方法同前。
    如果病人发热怕冷,发热的时间长,怕冷的时间短,好象发疟疾一样,一天发作二次的,用小发汗法就能治愈,适宜用桂枝二麻黄一汤。


    桂枝湯を服用して発汗させたが、予想していたより大汗が出て、脈が洪大で、発熱、畏寒、頭痛などの表証が相変わらずあるのは、病が今だ表にあるためで、桂枝湯で治療すべき。服用方法は前出の通りである。
    もし病人が発熱して寒気がし、発熱の時間が長く、寒気の時間が短いくて、マラリアの様な症状で、一日2回発症する場合は、少し発汗すれば治るので、桂枝二麻黄一湯が適している。


    洪大hóngdà(音などが)とても大きい.
    仍然réngrán相変わらず.元どおりに.
    适宜shìyí適している.かなっている.


    桂枝二麻黄一汤方
    桂枝一两十七铢,去皮,芍药一两六铢,麻黄十六铢,去节,生姜一两六铢,切,杏仁十六个,去皮尖,甘草一两二铢,炙,大枣五枚,擘上七味,以水五升,先煮麻黄一二沸,去上沫,内诸药,煮取二升,去滓,温服一升,日再服。本云,桂枝汤二分,麻黄汤一分,合为二升,分再服。今合为一方,将息如前法。

    二滚,除去上面的白沫,再加入其它药物,煎煮成二升,去掉药渣,每次温服一升,一日服二次。旧本说:取桂枝汤二份,麻黄汤一份,混合成二升,分二次服。调养护理方法同前

  • 漢方関係

    024.桂枝湯で煩悶と不安感が増大する場合

    24、太阳病,初服桂枝汤,反烦不解者,先刺风池、风府,却与桂枝汤则愈。

    太阳病,服了一遍桂枝汤,不仅表证不解,反而增添了烦闷不安的感觉,这是邪气郁滞太甚所致。
    治疗应当先针刺风池、风府,以疏经泄邪,然后再给予桂枝汤就可以痊愈。


    太陽病で一度、桂枝湯を服用して、ただ表証が治らないだけにとどまらず、煩悶し不安感が増大するのは、邪気の鬱滞が甚だしいからである。
    治療はまず風池と風府に針をし疎経して邪を取り除き、それから再び桂枝湯を与えれば治る。


    仅(僅 / 廑)jǐnただ…だけ.
    不仅bùjǐn…だけにとどまらない.\…ばかりではない.
    增添zēngtiān増やす.加える.
    烦闷fánmèn気分がめいる.気がふさぐ.
    太甚tàishèn手ひどい.
    应当yīngdāng…するのは当然だ.…すべきだ.

  • 漢方関係

    023.桂枝麻黄各半湯

    23、太阳病,得之八九日,如疟状,发热恶寒,热多寒少,其人不呕,清便欲自可,一日二三度发。脉微缓者,为欲愈也;脉微而恶寒者,此阴阳俱虚,不可更发汗、更下、更吐也;面色反有热色[注]者,未欲解也,其不能得小汗出,身必痒,宜桂枝麻黄各半汤。

    太阳病,已经得了八九天,病人发热怕冷,发热的时间较长,怕冷的时间较短,一天发作二三次,好象疟疾一样,病人不呕吐,大小便正常,这是邪气郁滞在表的表现。
    此时,如果脉象渐趋调匀和缓的,是邪气去、正气复的症象,疾病将要痊愈。
    如果脉象微弱而怕冷的,这是表里阳气均虚,可能系误用汗、吐、下所致,因此,就不能再用发汗、攻下、涌吐的方法治疗了。
    如果面部反而出现红色的,表明邪气仍郁滞在肌表未能解除,病人皮肤还一定有搔痒的症状,适宜用桂枝麻黄各半汤治疗。


    太陽病ですでに8、9日が過ぎて、病人が発熱し寒気がして、発熱の時間が比較的長く、寒気を感じる時間が短く、日に2、3度マラリアの様な発作があり、嘔吐はせず、大小便が正常なら、邪気が鬱滞しているということである。
    この時、脈が落ち着きだし缓脈となってくれば、邪気が出て、正気が戻っている症候で、病気は間も無く全快する。
    もし、脈が微弱で寒気がするなら、表裏の陽気が共に虚しているので、発汗、吐瀉、瀉下させてはならない。
    もし、顔つきが反して紅潮し、邪気の邪気が体表にまだ鬱滞しつづけているなら、皮膚が痒くなる症状が必ず現れ、桂麻各半湯(桂枝麻黄各半湯)を用いるのが適している。


    清便欲自可:谓大小便趋于正常。
    脉微缓:脉象和缓。
    阴阳俱虚:指表里俱虚。
    热色:红色。
    发作fāzuò(症状や作用が)突発的に起こる.
    疟疾nüèji⦅医学⦆マラリア.
    此时cǐshíこのとき.
    渐(漸)jiàn 次第に.少しずつ.だんだんと.
    趋(趨)qū物事がある方向に発展する.ある方向に傾く.
    调匀tiáoyún過不足ない.むらがない.
    将要jiāngyào間もなく…する
    因此yīncǐだから.そのために.これによって.


    桂枝麻黄各半汤方
    桂枝一两十六铢,去皮,芍药,生姜,切,甘草,炙,麻黄,各一两,去节,大枣四枚,擘,杏仁二十四枚,汤浸,去皮尖及两仁者,上七味,以水五升,先煮麻黄一二沸,去上沫,内诸药,煮取一升八合,去滓,温服六合。本云,桂枝汤三合,麻黄汤三合,并为六合,顿服。将息如上法。

    二沸,除去上面的白沫,再加入其余各药,煎煮成一升八合,去掉药渣,每次温服六合。旧本说:取桂枝汤三合,麻黄汤三合,合为六合,一次服完。调养护理方法同前。

  • 漢方関係

    022.桂枝去芍薬加附子湯

    22、若微寒者,桂枝去芍药加附子汤主之。

    如果误下后出现胸部满闷、脉微、畏风寒较重的,用桂枝去芍药加附子汤主治。


    もし、誤って瀉下させた後、胸部に張ってうっとおしい感じ(胸脇苦満)がして、脈が衰えて(微)、畏風がして寒が比較的強い場合は、桂枝去芍薬加附子湯を用いる。



    桂枝去芍药加附子汤方
    桂枝三两,去皮,甘草二两,炙,生姜三两,切,大枣十二枚,擘,附子一枚,炮,去皮,破八片,上五味,以水七升,煮取三升,去滓,温服一升。本云,桂枝汤今去芍药加附子。将息如前法。

    桂枝三两,去皮,甘草二两,炙,生姜三两,切片,大枣十二枚,剖开,附子一枚,炮制,去皮,破成八片,以上五味药,用水七升,煎煮成三升,去掉药渣,每次温服一升。旧本说:现用桂枝汤去掉芍药加入附子,其调养护理方法同前。

  • 漢方関係

    021.桂枝去芍薬湯

    21、太阳病,下之后,脉促(一作纵)胸满者,桂枝去芍药汤主之。

    太阳病,误用攻下之后,出现脉象急促、短促,胸部胀闷的,用桂枝去芍药汤主治。


    太陽病で、誤って瀉下させた後、脈が急促(せわしない)し短促(切迫)して、胸部が張ってうっとおしい症状がでたら、桂枝去芍薬湯を用いる。


    脉促:脉急促、短促。
    急促jícù(呼吸や音が)せわしない.
    短促duǎncù(時間が)たいそう短い.切迫している.


    桂枝去芍药汤方
    桂枝三两,去皮,甘草二两,炙,生姜三两,切,大枣十二枚,擘,上四味,以水七升,煮取三升,去滓,温服一升。本云,桂枝汤今去芍药。将息如前法。

    桂枝三两,去皮,甘草二两,炙,生姜三两,切片,大枣,十二枚,剖开,以上四味药,用水七升,煎煮成三升,去药渣,每次温服一升。旧本说:现用桂枝汤去掉芍药,调养护理方法同前。